[連載]まんが難民に捧ぐ、「女子まんが学入門」第21回

洋服から人と人の関係性を描く『繕い裁つ人』の優しく強靭な意思

洋服から人と人の関係性を描く『繕い裁つ人』の優しく強靭な意思

 洋服をテーマとしたまんがで真っ先に思い浮かぶのは、槇村さとる先生の『Real Clothes』(集英社)でしょうか。百貨店の営業系、企画系のお仕事を描いた『Real Clothes』は槇村先生一流のスポ根的「お仕事マンガ」であり、そこで主に為されるのは自分自身との対峙、葛藤であります。一方、『繕い裁つ人』の主人公・南市江は、祖母が作った町の小さな洋裁店の2代目。友人であり取引先でもある牧は彼女を評してこう言います。「市江はデザイナーでもパタンナーでもないからね/なんか こう もっと人と密着してるっていうか......」と。本作は洋服と人、そして人と人との関係性を描いた、それこそ縦糸と横糸をより合わせるようにして描かれたコミュニケーションの物語です。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

洋服から人と人の関係性を描く『繕い裁つ人』の優しく強靭な意思のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! カルチャーまんが難民に捧ぐ、「女子まんが学入門」のニュースならサイゾーウーマンへ!