泥沼騒動の出口はどこ?

シュワちゃんの不倫相手が正妻に「子どもは1人じゃできない、2人の責任です」

ArnoldSchwarzenegger02.jpg
マリアの怒りは「ケネディの姪」って自尊心で抑え
られてるの

 アーノルド・シュワルツェネッガー前カリフォルニア州知事が、家政婦と浮気をした末に隠し子までもうけていたことが発覚してから1カ月が経った。隠し子を産んだミルドレッド・バエナは、正妻のマリア・シュライヴァーと同時期に妊娠・出産していたこと、その後もシュワルツェネッガー家で働き続けていたことなどから、「あまりにも非常識」だと激しいバッシングされ、「最初からアーノルド狙いだった」「大金を受け取っている」という黒いうわさが流され続けている。どんなにひどいことを書かれても、表舞台には現れず沈黙を守ってきたミルドレッドだが、ウソばかりが飛び交う状況に耐えかね、このたびメディアに初登場した。

 英「Hello! Magazine」の独占インタビューに応じたミルドレッドは、「アーノルドと性的関係を持ったのは数回だけで、不倫と呼べるような関係ではなかった」「私が産んだ息子・ジョセフが、自分の子だとアーノルドが知ったのは最近のこと」だと告白。また、マリアにアーノルドの子を産んだことを伝えたのは自分自身だったということも公にした。

 ミルドレッドは、昨年夏に、長年シュワルツェネッガー宅に連れてこなかった息子ジョセフを久しぶりに連れて来ており、その時にマリアはジョセフがアーノルドの子ではないかと疑うようになったとのこと。その日以来、マリアは、ミルドレッドに「私に相談したいことがあるなら、いつでも聞くわよ」と声を掛けるようになったという。マリアのことを「本当に大好きで、尊敬している」というミルドレッドは、うすうす勘付かれているだろうと感じたが、「いいえ、何もございません」と言い続け、自分からは何も言わなかったという。

 しかし、マリアは追いつめられたのか、昨年のクリスマスを目前に控えたある日、ミルドレッドに対して「ジョセフはアーノルドの子どもなの?」とストレートに疑問をぶつけてきたという。ミルドレッドはひざまずき、号泣しながら「はい。そうです。本当に申し訳ございません」と認めたそうだ。

 「マリアはとても気丈に振る舞っていました。私と一緒に涙を流し、『もういいから、ひざまずくのをやめなさい』って言ってくれたんです」と、まるで美談のように語るミルドレッドだが、「マリアは私を抱きしめくれたんです。私は、『アーニー(アーノルドの愛称)のせいじゃありません。(子どもを作るのは)1人じゃできない、2人の責任なんです』って言いました」と不倫された妻にとって、あまりにも残酷な言葉をかけていたことも明かした。打ちひがれるような事実を知ったマリアだが、「これ以上、この家で家政婦として働けない」と、すぐに辞職すると言ったミルドレッドを、「ホリデーシーズンが終わるまで、ぜひ働いてほしい」と引き止めたそうだ。

 ミルドレッドは、「Hello! Magazine」で息子ジョセフの写真を何枚か公開しながら、最初からアーノルドの子だとは思っていなかったことも告白している。「ジョセフが成長するにつれ、(アーノルドと)似ているなぁ、と思うようになって。時が経つにつれ、それがはっきりとしてきてね。それで、アーノルドがジョセフの父親だって確信したの」「アーノルドも、ジョセフが大きくなるにつれ、ひょっとしたらと思ったはずよ。私には何も聞いてこなかったけれどね」と語った。ジョセフは、どの角度から見てもアーノルドに似ており、少々肉付きがよいが、筋肉質な体型的もアーノルドにとてもよく似ている。

 ジョセフは14歳になるが、本当の父親が誰かを知ったのはちょうど1年前。ミルドレッドの母が「大切な話」として伝えてしまったそうだ。真実を知ったジョセフの第一声は「クール!」で、父であるアーノルドと父息子としての関係が築けるのではないかと期待し、とても楽しみにしていた、とミルドレッドは明かしている。

 なお、ミルドレッドの弁護士は、彼女が今回インタビューに応じた経緯を「あまりにも多くの人が、マスコミにウソの情報を売りつけていることに我慢できなくなったから。みな、ミルドレッドの代わりに発言している、と言うが、それは事実ではない」「このようなウソを払拭するために、インタビューを受けた」と説明。「Hello! Magazine」からは、一切の報酬を受け取っていないと強調している。

 米「People」は、このインタビュー内容の一部が公開された直後に、情報筋の話として「マリアがミルドレッドに対して激怒せず、大人の対応をしているのは、子どもたちのことを考えてのこと」だとし、彼女を許したわけではないと伝えた。また、「アーノルドは、ジョセフが小さいころから自分の息子だと知っており、金銭面でもサポートしてきた。最近、知ったということはない」と、ミルドレッドの話を否定している。

 ミルドレッドは、インタビューの最後で、「アーノルドはとても良い人。今、とても苦しいんでいるはずです」「アーノルドはマリアを愛しているんです。夫婦関係が修復できればよいのですが」と述べている。しかし、全てが丸く穏便に収まることは、不可能だといえよう。

『慰謝料最新マニュアル』

マリアが全力で来るよ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
隠し子リークは妻側だった! シュワちゃんの不倫騒動が修羅場化
愛人、隠し子の話をぶちまける? シュワちゃん妻があの人気番組に登場
離婚報道後にも電話? シュワちゃんの愛人を名乗る女性が登場

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!