[連載]タテロール高柳の「オンナの独り遊び」番外編

ロンバケ、東京ラブストーリーが大好き♪ 謎のトレンディツアーに潜入

 トレンディな時代……あぁ本当に楽しかったわ。景気も良かったし、みんな浮かれて恋もトレンディーな気分で楽しめたの。クリスマスには高級ホテルとフランス料理を予約するのは当たり前。オシャレなバーでキザなセリフも楽しめたわ。そんなあの頃のウキウキ気分を思い出そうとしていたら、こんな言葉が目に留まったの――「あなたの忘れかけてたトレンディーな心をタイホします!」。メッセージの発信元は『東京でトレンディな男達と行く!トレンディなツアー』。さらにツアー参加条件は「トレンディドラマが好きだと自己認識している方、トレンディな人生を送りたいと願うが今はトレンディではない方」……ワタシのことね? 参加してみるわ~。


■トレンディな男って誰?

 当日は台風直撃……。大雨の中、あのころのハートを取り戻すために出掛けたわ。でも”トレンディな男たち”って、誰が来るのかしら? 石田純一? それとも陣内孝則?? バスに乗って、期待で胸を膨らませつつ待ってみたわ。そうしたらトレンディのかけらもない男たちが乗り込んできたの!! 彼らは今日のツアーをアテンドしてくれるトレンディドラマ大好きなお笑い芸人のYes-man(村山武蔵、越田裕)、ゴールドラッシュ(土井忠)、ホシカワだったのね。……いいわ、ビジュアルはバスで流れてるドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系、1996年4月~)に任せるから。それにしても、花嫁衣装を着た山口智子が道を走ってくるシーン、今見てもすごい迫力よねぇ。ただ、山口智子のセリフ回しが今見るとちょっと気さくなイイ女を気取り過ぎてる気も……。いいえ! そんなこと気にしだしたらトレンディに集中できないわ。

■まずはロンバケのロケ地「萬金」へ。

mankin-1.jpg

 このツアーは名作トレンディドラマのロケ地をめぐるの。まずは中華料理屋「萬金」よ! 「萬金」といえば、『ロンバケ』の主人公・山口智子演じる葉山南とキムタク演じる瀬名秀俊が、いっつも何か文句を言い合いながら二人でゴハンを食べていたあの店。

mankin-2.jpg
ただの薄汚い中華料理屋ではございません

 雨の中、歩いていくとありました、「萬金」! テンションが上がってきたけど、やっぱりキムタクがいないといまいちだわぁ~。中華料理屋よりイケメン見せてよ~。

mankin-3.jpg
トレンディー女装で決めた芸人さんが「音和堂」トリビアを披露

 「萬金」の隣には「音和堂印刷」という印刷屋さんがあるの。なんでも、ドラマで瀬名が出ていた「音和堂コンクール」っていう名称は、実はこの印刷屋の店名から来てるんじゃないかって、芸人さんたちが予測してたわ~。この芸人さんたち、トレンディ知識がとんでもないのよ~。移動中に見える風景にも俊敏に反応して、「あ、瀬名が手をケガして『神様がオレにピアノやめろって言ってるのかな』ってシーンに似てる!」とか「萬金の近くには『グッドラック!!』(TBS系、2003年1月~)で柴咲コウの実家の設定になってた店がある」とか、さすがのアタシでもついていけない会話だったわ~。シーンから現場を割り出す能力の高さは、なんだかトレンディドラマ警察みたいね。

7ninmonogatrari.jpg
隅田川に架かる橋で最も美しい橋だそうです

 次は『男女7人夏物語』(TBS系、86年7月~)のロケ地「清洲橋」。う~ん、『男女7人夏物語』は明石家さんまと大竹しのぶが交際するきっかけになったって思うと、テンションあがんないわぁ~。人の結婚話とかあんまり興味ないのよねぇ。うーん。

 その後、『ロンバケ』第10話で登場する「音和堂コンクール」の予選会場となった江東公会堂「ティアラこうとう」で食事タイム。瀬名が予選を勝ち抜き、森本レオ扮する佐々木教授に「壁が成層圏の向こうまで飛んでった」と絶賛されるシーンよね。あら、エントランスには「SERA」のチラシが……瀬名ならぬ世良公則じゃん!! と突っ込むものの、世代的にそこに反応したのはワタシだけみた~い。

■ロンバケの名シーンをもう一度。

 バスの中でとっていたアンケートによると、やっぱり一番人気は『ロンバケ』。なので次もロンバケのロケ地に向かうわ。ちょっと古びた建物がオシャレだった瀬名のマンション、通称「セナマン」は、今は茶色い新しいマンションに生まれ変わっていたの。

senaman.jpg
小じゃれたマンションが普通のマンションになってました

 その前で、傘をさしたアタシたち一行が集まっていると……近所のご夫婦がこちらをいぶかしげな目で見つめているの。違うわ! ぜんぜん怪しくなんかないのよ~。いつまでもその場を立ち去らないワタシたちを、ずっと監視していたあのご夫婦。ここが聖地「セナマン」って知らないのかしら?

 「セナマン」の横の隅田川沿いは、ラストシーンで二人がキスをする感動の場所。キャー! ワタシたちもテンションがマックスね。ここで瀬名と南の告白シーンを再現しちゃうの~。

ronbake-1.jpg
何度も見ちゃってセリフも暗記しちゃったわ

「南?」「はい」
「南~?」「はい?」
「南さん」「はいはい」
「みなみ~!!」「瀬名~!」
「一緒にボストン行こ。今よりも全然楽しいと思うから。だから一緒にボストン行こ」「……」
「ハイは? ハイって言わないとチューするよ」

senaman1.jpg
同じ場所で同じセリフを言う快感!

 ……きゃー! 燃えるわ~。っていうか、キムタクじゃなくても誰が言っても痺れるセリフだったのね~。それに相手がハンサムに見えてくるから不思議ね。こんなセリフもう今じゃ誰も寒くて言ってくれないわ~。ああ、あのころを思い出すわ。

 最後は大雨の中、『東京ラブストーリー』(フジテレビ系、91年1月~)のロケ地、代々木公園に。カンチとリカになりきってセリフを言うんだけど、雨もシャレにならない強さだし寒いし、イマイチ乗りきれないの……。

tokyolove.jpg
リカがカンチに突然のキッスをお見舞いする名シーン

 トレンディの魔法も寒さにはかなわないのね~。ああ、ワタシの凍える体とハートを温めてくれる瀬名やカンチと早く出会いたいわぁ~。リカみたいに「(なんでキスしたか)電話帳250冊分しゃべっても説明できないよ♪」って言う準備はできてるのよ~。90年代は全男性がトレンディだったのに……ああ、うつろう日々って残酷ね。でもワタシはトレンディなハートをずっと忘れないわ~。

タテロール高柳(たてろーる・たかやなぎ)
妄想ライター兼OL。一般企業でデスクワークに励みつつ妄想を世間にだだ漏れ中。遊び友達、飲み友達、習い事もしないが自分磨きには余念がない。しかし愛しのダーリンはいまだ現れず。心の友は勝間和代。

Yes-man
ゴールドラッシュ

『ロングバケーション』

まじチューされてー

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
非・恋愛体質の女子に贈る、キムタク珠玉の名言とは!?
「カッコつけてる男のことを悪く言わないで」とキムタクが「an・an」で激白!
主演ドラマが好調のキムタクが「今のうちにできる6つのこと」を考えた

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク