こんなの初めて!? 女装したイケメンだらけのミュージカルの動画付き写真集が電子書籍で発売!

magudaranamaria01.jpg

 ずいぶん前から話題になっている、出演者がイケメンだらけのミュージカル。女子高生や女子大生など、若い女性たちを虜にしてやまない、魅力溢れるステージなのだという。たとえば『ミュージカル・テニスの王子様』(以下『テニプリ』)によって人気を集め、今ではテレビに引っぱりだこの俳優・城田優。彼のような演技も歌もできる、若手のイケメンを輩出し続けているのが、『テニプリ』の人気の秘訣なのだろう。

 そんな中、今女子から熱狂的な支持を得ているのが『マグダラなマリア』シリーズ。KENN、齋藤ヤスカなどの『テニプリ』出演イケメン俳優に加え、動物電気の個性派・政岡泰志、演技派俳優・津田健次郎などなど、今をときめく若手俳優がズラリと出演。その第1回公演の『マグダラなマリア~マリアさんのMad(Apple)Tea Party(Reprise!)~』が5月25日から東京・神戸で再演し、またもや中毒者を続出させたようだ。

 ストーリーは日本に来日公演することになった、歌手で女優で高級娼婦のマリア・マグダレーナとその取り巻きたちのドタバタ劇。歌の良さはもちろん、コメディー要素を含んだストーリー展開や、突然のむちゃぶりなど、舞台ならではの楽しさを詰め込んだ作品になっている。

magudaranamaria02.jpg
『マグダラなマリア』電子書籍
版写真集

 今回は、その舞台の写真集が動画付きの電子書籍として、千秋楽と同時に『iMaga Books』発売されることが決定! 舞台で活躍するイケメンたちの写真に加え、動画では神曲と評判の『愛は罪を越えて』、マリアファンにはおなじみの『Goodday,Goodnight』、更に役者たちが写真集を買った人だけに送るメッセージもあり、ファンには垂涎モノのお宝本なのだ。

 舞台を見終わった後、興奮が冷めず、「もう一度見たい!」という気持ちになるのはよくあること。電子書籍によってすぐに舞台の写真&動画を見ることができるのはコアなファンじゃなくとも嬉しいはず。もう一度舞台を見たい人、見逃してしまった人はもちろん、次世代の若手イケメン俳優をチェックしたい人にもオススメ。6月5日~7月5日の限定発売なので、お見逃しのないようご注意を。

『マグダラなマリア』

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
矢沢あい原作『Paradise Kiss』、まさかのエンディングに「ショック」の声続出!?
擬人化ってどう思う? 舞台『ミラクル☆トレイン』のキャストを直撃
擬人化ヴァセリンがオンナを癒す! 8人のイケメンが身体をケア

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 新春ジャニオタ放談
  15. “消えたAKB48”河西智美は今
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー