サロンに行く必要もナシ!

ハミ出すなんて許せない! 話題のブラジリアンワックスにチャレンジ

nadsima.jpg
Photo By photographphil from Fli
ckr

 夏に向けて気になるのがムダ毛の処理。ワキや手足などは人目につきやすいこともあって小まめに処理するものの、怠りがちなのがアンダーヘア。水着になるときはもちろん、エッチの時にも気になりますよね。つい放っておくと、ショーツのわきから「こんにちは」していたり。お風呂上がりにパンツ一丁でくつろいでいると、カレから「ちょっと!! 出てるよ」と指摘されて、恥ずかしい思いをしたという経験はありませんか? でも実際にケアするとなると、方法が分からないという方も多いはず。

 その流れを受けてか、近年女性の間で話題になっているのが、ブラジリアンワックス。「言葉を耳にするけど、実際に試したことがない」っていう人に代わって、筆者が取扱店を直撃! 実際にブラジリアンワックスを自宅で試してみました!

 今回、取材にご協力いただいたのは、ブラジリアンワックスを販売しているLove Charmsさん。まずブラジリアンワックスって、そもそもどういったものなのかを聞いてみると……。

「『ブラジリアンワックス』とは、ビキニライン周辺の脱毛のことですよ。ブラジル人の女性がビキニを着るために、毛を全部処理していたのが始まりと言われているんです。その後、アメリカのセレブの間で流行し、今では一般的な処理方法になったようですよ。日本では、『SEX and the City』で、サマンサの『2週間に一度はケアしている』というセリフで話題となり、『極嬢ヂカラ』(テレビ東京系)や『ぷっすま』(テレビ朝日系)などで紹介され、今では専用サロンも増えてきているんですよ」(Love Charms広報担当者)

――専用サロンということは、サロンの人に見られるんですよね?

「そうですね。なので最近は、他人に見られるのが恥ずかしいという人向けに、自宅で簡単にできるキットも販売しているんです。サロンで施術すると、5,000円ぐらいが相場なんですが、一番人気のある『ナッズ』なら3,000円以下とお手頃価格です。サロンに行く手間も、時間もかからないので、好評なんですよ。今は入荷のたびに完売という状態です」

――やっぱりアンダーヘアは剃るよりも、ワックスの方がいいんでしょうか?

「デリケートな箇所なので、ワックスの方が肌を傷つけないので安心ですよ。しかも、毛根から根こそぎ脱毛するので、個人差もあるんですが、2、3週間はキープできるから、めんどくさがり屋の方でも扱いやすいはずです。初めは毛も太いけど、回数を重ねれば徐々に毛が細くなっていくから、痛みもあまり感じなくなるそう。ワキや手足にも使えますので、経済的ですよ」

 というお話を聞いた上で、実際にこの「ナッズ」を体験!

nads-1.jpg

■ブラジリアンワックス初心者にはまずこちら

 本体を電子レンジでチンした後に、付属のヘラで塗って、固まったら剥がすだけ。数分で固まるので、待ち時間もナシ! 確かに痛くないといえばうそだけど、むしろ一気に処理できるからすっきり爽快という感じ。後は、専用ワイプでふき取って終了! いろいろなデザインが楽しめるテンプレート付き。
(写真提供:Love Charms


nads02.jpg

■本格的にケアしたい!という方にはこちら

 使用前後のお手入れ用品付きのセット。肌にやさしい処方のブラジリアンワックスに、プレローションやオイル、ワックスオフに加えて、抑毛ローションまでセットになっているから安心。
(写真提供:Love Charms


nads03.jpg

■でもやっぱり痛いのはイヤ!という方にはクリームタイプ

 ブラジリアンワックスのように剥がす際の痛みがなく、ビキニエリアやボディーのムダ毛を処理できるから、どうしても痛いのは無理っていうヒトにはこちらがおすすめ。
(写真提供:Love Charms


 翌日も痛みや毛穴の赤みなども一切なく、つるつるの肌を実感できました。これなら、急にデートや海へ遊びに行く予定が入っても心配ナシ。もちろん、ビキニラインだけじゃなくて、ワキや手足にも使えるから経済的! ブラジリアンワックスといってもいろいろな種類があるから、用途や好みで使い分けるといいですね。
(取材協力:Love Charms

■Love Charmsさんのブラジリアンワックス特集ページはこちら

【関連記事】
ヒール靴を履くほどにスタイルが悪くなる!? ヒール靴の罪を探る!
汚いと意外と目立つんです… ひざのお手入れSOS!
「骨盤ダイエット」はウソだった!! 重要なのは”股関節”

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク