紀香バディはまだまだ現役!

藤原紀香、まだまだ恋がしたい!? いわく付きのあの人との目撃情報

norikafujiwara00.jpg
セルフイメージに飲み込まれてしまい
そうな紀香姐さん

 藤原紀香がイメージキャラを務める「ゼスプリ キウイ」のCM会見が5月12日、都内で行われた。2年連続となる同商品CMで、藤原は初のエアギターを披露。本人も「CMを見てくれた皆さんが元気になってくれればうれしい」とご満悦な様子で、翌日テレビや新聞でも大々的に報じられた。

 一時期はドラマやバラエティーにも引っ張りだこだった藤原だが、近年は舞台、さらに日本赤十字社の広報特使として各地への慰問、義援金の寄付などボランティア活動が中心の活動となっている。しかしテレビではあまり見なくなったとしても、藤原の所属事務所は”芸能界のドン”がバックに控えており、藤原が公に登場する際には大勢のマスコミが必ず駆り出されることとなる。

 そんな藤原があまりバラエティーに出演しなくなった理由として、当然挙げられるのが2009年の陣内智則との離婚劇だろう。陣内の浮気やDVに耐え続けていたという藤原だったがついに耐え切れなくなり、複数スポーツ紙が同時に「すでに別居、離婚間近」と報じた。マスコミの「陣内=諸悪の根源」といった論調の報道が、図らずも藤原の”事務所パワー”を見せつけられる展開に。5億円の超豪華挙式から、わずか2年後の出来事だった。

 そんな藤原だが、現在は意中の男性がいるのだという。

「相手は一般人の男性で、都内でお忍びデートをしているという目撃談もあります。すでに複数の週刊誌がつかんでおり、男性の自宅前での張り込み取材も行われているそうです」(週刊誌デスク)

 この男性がなかなか尻尾をつかませないのか、はたまたお得意の”圧力”により記事にはできないだけなのか。離婚からはや2年、彼氏がいたとしても別におかしくはない話ではある。しかし、コチラはちょっと問題だ。

「最近になって藤原は、なんと先日結婚したばかりの南野陽子の夫と、都内・白金界隈でのツーショットが目撃されているんです。一度や二度ではないことから、それなりの関係と疑う記者も多いようです」(女性誌記者)

 南野の夫といえば複数の会社を持つ「やり手」との評判だが、傘下の派遣会社が夜逃げをしたという、怪しい報道も飛び交ったいわく付きの人物。昨年11月に前妻と離婚したばかりで、離婚前後は前妻と南野に加え、大物芸能人の娘との交際もささやかれていたという。

 報道はされていないものの、藤原自身はまだまだ恋多き女でいたいのだろう。離婚騒動で”被害者”ポジションに着地したしたたかさを生かし、妙に勘繰られる派手な交友関係は控えた方が良さそうだが。

ゼスプリゴールドキウイ

推されれば推されるほど食べたくなくなる悪循環

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
マスコミ報道に見る、藤原紀香”一人勝ち離婚”のウラ側
「紀香さんのこともあるでしょ?」海老蔵が声を潜めた風水師・ユミリー との関係
この熱愛はきな臭い? 事務所の力が透けて見える芸能人のカップル事情

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  6. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  16. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム