[連載]安彦麻理絵のブスと女と人生と

ストップ・ザ・口うるさいオバさんへの道! 女を老けさせる3つの言葉

abikomarie0520.jpg
(C)安彦麻理絵

 気が付けばもう、5月の半ば。もう、妊娠後期、と言ってもいいような時期に入ってしまった。腹の赤子、元気らしい。それはいいんだが、私の体調。咳がひどくて(ほんとにまったく、一体何なんだ)それで副作用のない薬を飲み続けている状態である。

 臨月が近付くと、気もそぞろになる。集中力に欠け、不安で頭がガチガチになる。そして睡眠不足。夜中に何度も目が覚めるし、昨夜はうなされてる所を夫に揺すり起こされた。『まんだら屋の良太』似の、手のデカい男が私に近付いてくるという、ただそれだけなんだけど、それがものすごくイヤな夢。

 昼間に卵焼きを作ったのだが、見事に黒コゲにしてしまい、しかしもったいないんで、それを皿に移そうとしたら手元が狂って、ベシャっと台所のシンクにブチまけてしまった……すごい。あまりにもベタな、絵に書いたような失敗である。(まぁ、捨てるのもなんなので、その「ベシャたま」、意地になって食ったけど。でも味がこれまた、しょっぱすぎて……)

 ところで先日、テレ朝の『モーニングバード』を見ていたら今人気のカリスマと言われてるらしい、「中年のおじさん保育士」という人が出ていた。で、育児に関するトークをスタジオで繰り広げていたのだが、まぁ、ハナほじりながら聞き流してしまうような、「子どもは遊びの天才」とか、そういうベタな話。そんなふうだから、とりたてて真剣に見ていたわけではなかったのだが、しかし

「世のお母さんたちが、子どもに対して一日平均約40回以上も『早くしなさい!!』を言っている」

 という、その保育士のセリフを聞いて、私の、ハナをほじる手はハタと止まった(って、ほじってないけど、ハナ)。そして「とにかく『もう!!』を言い過ぎる」「怒る時に大抵『なんで○○するの!?』ってふうに、疑問形で怒る」という指摘をしていて、私はグウの音も出ないような気分に陥ってしまった。……確かにそうなのである。別に誰かにそうしろと教えられたわけでもないのに、何故かそのまんま、そんなふうな接し方を子どもに対してしている。

「もう~!! 早くしてくれよ!! ちょっとなんでそういう事すんの!?」

 なんて、3 つの指摘の合体形をほんとよく口から吐き出してる。「……これ、やめてみたほうがいいかもしれない」なんとなく、だが、妖怪アンテナのごとく、私の直感がピキーンと働いた。

 そして、その日のうちから自分の中で、これらのセリフを「禁句」として子どもに接してみた。すると。一体何が変わったか? はっきり言って「子どもへの影響」は、別にそこまですぐには分からなかったが、しかし。「己への影響」が非常にデカかった。なにせ、これらの禁句を口にしないと、何故かあんまりイライラしないのである。ムキ~!! と、ブチ切れたりする気にならないのである。

「……これは凄くイイかもしれない……」

 私がニヤリとほくそ笑んだのは言うまでもない。「これ、『美容』に凄くイイはずだわ!!」教育のためとか、子どもにいいから、とかそういうのすっ飛び抜けて、「美容にいいから禁句」……いや、これ、ぜんぜんアリである。カリスマ保育士が指摘してたこの3つの禁句、これって、明らかに女を「老けさせる」セリフなんだ、とわたくしは思った。「早く!!」で、自分の中の余裕もなくなり、「もう!!」で、目を三角にしてキリキリ舞いにイラ立ち、トドメの「なんでそんなふうなの!?」で、相手が己の思い通りにならない事に怒髪天を突く……。これを毎日毎日続けてたらアナタ、10年後には見事に口角の下がったブルドッグづらの、ついでにケツもチチも垂れ下がった、そんな口のうるさい母親・オバさんの出来上がりである……って、イヤだよこんな、色気もへったくれもない女!!

 てなわけで、それらのセリフの禁句癖をつけるため、日々、己を律してるわけだが、私は言わずとも、夫が言う時があるわけである。自分以外の人間が「もう~!!」だの「早くしろよ!!」とか「なんでまったく~!」とか言ってるのを聞いて、しみじみと私は「あー、こーゆうセリフってほんとに、すんごい負のエネルギーまき散らすんだな~」という事を実感した。「言霊」って思うと、なんだかしっくりくる。今までほんとに、自分がどんだけ悪~いエネルギーを家中にまき散らしてたんだか……。

 なので、夫にも「禁句令」を出したのだが、短気な夫にはなかなか難しいようである。「美容のため」なんて強力なエサがなけりゃ、難儀するのも無理はないが、しかし、男が子供に「もう!!  早く!! なんで~!!」なんて言ってる様は、キーキーうるさいママっぽくて、ぜんぜんソソられない。

 「そんな口うるさい母ちゃんみたいな男には、チンチンたたねぇんだよ!!」と、ブチ切れたら、夫は哀しげに落ち込んでいた。妊婦にこんなふうにドヤされる夫って……男の沽券は一体どこへ……。ちなみに、子どもを叱る時「なんで○○するの!?」って言い方じゃなくて、そういう時は「○○するのはやめなさい!!」って、普通に言うのがベストだそうです。

『これがオンナのケモノ道』

マジ気をつけます

amazon_associate_logo.jpg

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー