最新写真アリ

華原朋美がお忍びで施設訪問! 目指すはやはり歌手活動?

kaharasuperbest.jpg
『Super Best Singles~10th Anniversary』
(ジェネオン エンタテインメント)

 昨年12月、完全に表舞台から消え去ってしまった華原朋美の姿が、昨年8月の入院以来に確認された。実兄の下河原忠道氏のブログに、サンタクロースのコスプレをしている華原の写真が掲載されたのだ(既報)。さまざまにささやかれるネガティブな報道からは想像もつかない笑顔の華原の写真には、現在各施設をボランティア活動で訪れていると記されていた。

 そして今年4月16日には、兄が経営する建設事務所が設計を担当したという埼玉県の医療施設に、華原は親族らと共に訪れていた。

「一部の職員さん以外は訪問自体を知らされていなかったようで、患者さんも看護師さんもみな驚いていました。華原さんが『こんにちは』とあいさつしただけで歓声が上がり、若い看護師さんたちに取り囲まれていましたよ」(居合わせた見舞い客)

kahara-brog.jpg
職員のブログでは動画も見られる

 この日の様子は病院職員のブログで報告されており、そこには若干ほおが丸くなっているものの、全盛期と変わらない華原の姿も掲載されていた。ラフなファッションながらも、職員らと記念撮影でピースする華原からは、明らかな芸能人オーラが漂っている。さらには親族と見られる女性や一般の入院患者とコミュニケーションを取る様子を、なんと動画で閲覧することもできる。職員のブログによると、同病院の理事長が華原の兄とは旧知の仲のため、この訪問が実現したとのこと。

 しかしつい先日、何度目かのAV出演決定が報じられた華原。病院訪問やボランティア活動に精力的な現状からはにわかには信じられないが、実際のところはどうなのだろうか。

「あり得ないでしょうね。まずタレントがAV出演する理由ですが、大半は金のため。しかしこれだけ資産家で家族から強力なバックアップを得ている華原が、大金を必要とするとは思えません。ステップアップや話題作りのためということもままありますが、彼女の場合はやはり歌手復帰を目指しているため、不必要に露出するということも考えにくい」(女性誌記者)

 華原に近い人物によると、今でも古巣の芸能事務所からの歌手再デビューをあきらめていないそうだ。こうした活動が少しでも世間に認知されていけば、再び歌姫華原朋美の姿を見る日がくるのだろうか。

『KAHALA COMPILATION』

ひとり小室哲哉ナイト開催

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
奇行の果てに…… 小向美奈子、事務所解雇の本当の理由
「参加アーティストがパッとしない」エイベックスの株主限定ライブに不満の声
小室はちょっと……カヒミ・カリィが全盛期に語ったあんなコト

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク