[女性誌速攻レビュー]「Domani」6月号

ただ歩いても「いい女通勤」! 「Domani」の盛大な「いい女」マジック

domani1106.jpg
「Domani」6月号(小学館)

 先月号のレビューでご案内した通り、今月の「Domani」は「白」特集です。表紙には「女には『白』しかできないことがある!」という勇ましい文字が躍っていますが、筆者30年あまり女をやっておりますが、”白しかできないこと”が分からずに、のっけから困惑しています。このレビューを最後まで破たんせずにお届けできるか分かりませんが、表紙から読み取るに今月号は「白」「いい女」「美脚」がテーマのようです。それでは、今月も「Domani」というワンダーランドへ飛び込んでみましょう。

<トピック>
◎大人の女の「白」って、なんですか?
◎時代を超えて愛したい…MY”白”名品図鑑
◎「美脚のためならどこまでも!」な1か月コーディネート

■女性誌最強の敵が登場

 それでは今月の大特集「大人の女の『白』って、なんですか?」っていう特集名こそ何ですか?って疑問を持ちながら読んでみましょう。「”いい女ホワイトデニム”でハイパー着回しマラソン」なんて得体の知れない企画ばかりが並んでいますが、白特集の読むべきところは2カ所。

 まずは「時代を超えて愛したい…MY”白”名品図鑑」です。ファッションディレクターやらバイヤーやらプレスやら、「おしゃれプロ」がご自慢の「白アイテム」を紹介しています。えっらい高そうなバッグやローファーが並ぶ中に紛れているのが、白のタンクトップ。「ジェームス・パース」のものらしいんですが、あまりにも「裸の大将」のソレみたいなんで、目が釘付けになってしまいました。「Domani」という一流雑誌の、一流カメラマンによっても、どうしてもオシャレに映らない白タンクトップ。物撮りでもそれなりに気を使っているはずなのに、どうしても「う、う、うまいんだな」と言いながらおむすびを貪る芦屋雁之助しか思わせない、最強アイテム・白タンクトップ。これはファッション雑誌編集者の最大の敵だと確信しました。「うちは白のタンクトップをこんなにオシャレに撮りましたよ!」という女性誌関係者の方がいらしたら、ぜひご一報ください。

 もう1カ所は、正確にいえば「白特集」のページではございません。読み物ページ「Domani Journal」の尾木直樹さんこと、尾木ママのファッションです。東日本大震災現状、風評被害、福島第一原発の対策と話自体はとっても真面目で、確かに今、日本が向き合わなくてはいけない問題を提起しています。なのに! 尾木ママのファッションは、白特集と呼応するかのような白ストール&白パンツ&白ローファー。そんでもって、幼稚園児が徒競争で行うスタンディングスタートのようなポーズ&ギュッと堅く閉じられた握りこぶし。なんで? なんで尾木ママにこんな(似合わない)ファッションとポーズをさせるんだろうと30分ほど悩んでしまいました。中身はとってもいい話なだけに残念。

■恐るべし美脚マニア

 今月号のもう一つの柱・美脚については、「『美脚のためならどこまでも!』な1か月コーディネート」という企画で見てみましょう。よくある着回しコーデ企画だと思ったら大間違い! 今回の主人公は広告デザイン会社勤務の35歳というところまでOKなんですが、次の一文が!「趣味は『美脚』と言い切るほどのマニアで、衣食住のすべてを”美脚基準”で考えるほど」って、どこにいったらそんな人に出会えるんでしょうか。しかも、その私生活が面白いんです。

「セルフタンニングの引き締め効果を味方にいい女通勤を開始」
→脚になんか塗って、ただ高めのヒールで歩いているだけなのに、いい女通勤という謎。

「エレベーターに乗ろうとする後輩を”階段で行くよ!”と一喝」
→自分の脚痩せをなぜ他人にまで強要するのか意味不明。しかもいい先輩ヅラで。

「テレビ通販で話題のレッグマジックXがやっと届いた」
→この商品は4~5年前から売ってるんですが、マニアなのにいま買ったの?

 この「美脚」と「着回し」という両立は難しかったようで、上記のように読むほどに不思議な雰囲気が漂ってくるのですが、いかんせんコーディネートとモデルが「いい女」風で、ぱっと見はまともに見えないから、恐ろしい。女性誌のトラップには気を付けて!

 というわけで、今月もふんだんにお金をかけた”バカ騒ぎ”を見せてくれた「Domani」。冷静に見れば同誌だけでなく、女性誌そのものが毎月”バカ騒ぎ”を送り出すマシーンだということに気がつくのですが、「いい女」だの「美脚」だの「痩せて見える」だの言われると、読者も冷静な判断を失ってしまうから不思議です。だって冷静だったら、白特集にいくら何でも「初めての『歯のホワイトニング』」っていう記事が入っていることを見逃せないと思うんです。っていうか、こうなると作り手の方が冷静さを失っているとしか思えないけど。
(小島かほり)

「Domani」

「働くいい女」って書いてある雑誌を買う方が勇気いるわ~

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
「”女”な気分でパンツが着たい」、意味をなさない「Domani」のポエムが痺れる!
「失われた10年」も来ていない! 「Domani」ではまだバブルが続行中
50代のファッション誌、「HERS」で萬田久子のお転婆ぶりが止まらない!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  15. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  20. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー