【ヤリマン肯定主義】第10回

着衣で添い寝はあり得ない! 映画『抱きたいカンケイ』で学ぶセフレの距離感

dakitai-main.jpg
「抱きたいカンケイ」(C)2011 DW Studios L.L.C. All Rights Reserved.

 「セックスだけの約束よ!」と啖呵を切るヒロイン――。映画『抱きたいカンケイ』のCMが気になっていたという人も多いのではないでしょうか? もちろん私もその一人です。ヤリマン活動に励む、ヤリマンのはしくれとして、この映画はほっとけません! というわけで、さっそく見に行ってきました。もちろん、お一人様で。映画館って、ストーリーによっては「カップルでないと入りにくい」という場合もありますが、『抱きたいカンケイ』に関しては、おひとり様でも問題ないでしょう。いや、むしろカップルで見にくる人っているのだろうか? と思っていたら、意外とカップルが多く、驚かされました。彼らは普通のカップルなのでしょうか? はたまたセックスフレンド同士なのでしょうか? 私もセフレと来るべきだったかな、などと考えつつ、鑑賞してきました。

 ストーリーは、仕事が忙しく、恋をしているヒマなどないヒロインが、たまたま肉体関係を持った男友達に、セフレ関係になることを提案するという、単純明快な内容です。恋人同士ではなくセフレなのですから、相手に嫉妬したり真剣に見つめたりするのはNG。そういった決まりごとの中で、私が面白いなと思ったのは、「朝食を一緒に食べない」というルールです。確かに、朝食は1日のエネルギー源ですから、家族や愛する恋人とならともかく、1人でゆっくり過ごしたい時間。私も、殿方を我が家にお泊めする際は、モーニングコーヒーくらいは出すこともありますが、基本的には朝食サービスは無し、という簡易旅館のようなシステムをとっています。逆に、私が殿方の家に泊めて頂く時も、朝食どころかコーヒーを摂ることもなく、身支度を整えたら早急に退散し、駅前で1人ゆっくり朝マックを味わう、というスタイルをとっています。

 この映画では、カラダの相性がバッチリだったため、ヒロインとパートナーは良好なセフレ関係を構築していくのですが、ある時、セックス無しで一夜を過ごしてしまったことを、ヒロインはたいそう後悔し、セフレ関係を見直そう! と言い出します。このシーンで、ヒロインのネックとなったのが「着衣で添い寝はあり得ない!」ということでした。名セリフですね。セックスフレンドとは、ハダカとハダカのお付き合いなのですから、着エロプレイでもない限り、着衣で一夜はありえません。

 そして、最も私が共感を得たのは「添い寝」に関してです。添い寝や腕枕は、お互い体の疲れが取れず、快眠できないという最大のデメリットがあります。キングサイズのダブルベッドならまだしも、シングルベッドならなおさらです。前に、「セフレと近所同士だと、泊める必要や泊まる必要がなく、ことが済んだら帰ってもらえる(もしくは帰れる)点が良い」と書いたことがありますが、まさしくそれに通ずるものがあります。そう、朝食やコーヒーどころか、お泊まりさえ無し! というのが最高の距離感といえるでしょう。ただ、こればっかりは、セフレ全員がご近所さんという環境を作るのは難易度が高いので、ある程度の妥協も必要となってきます。

 さて、「着衣添い寝」のペナルティーとして、ヒロインはパートナーに「別の女と寝てくるまでは会わない。私も、別の男と寝てくるから」と宣告します。そのくせ、パートナーが別の女性といるところを見て心を乱すのですが、この点には賛否両論あるのではないでしょうか。私の場合は、「親しき仲にも礼儀あり、セフレ間にも礼儀あり」をモットーとしていますので、セフレA氏の前ではセフレB氏の話をすることはありません。男性の股間はデリケートですから、例えセフレ関係といえど、他の男性の影をちらつかせないようにしています。逆に、セフレ男性から別の女性の話を聞かされることもありますが、こちらに関しては、私の性格上は全く気にならないですね。私の股間はデリケートではないので。

 ラストシーン間近には、パートナー男性のほうが、別の女性と肉体関係を持とうとする場面もあるのですが、キスの際におでこがぶつかったり、前戯を実況中継する彼女のセックススタイルにゲンメツし、未遂に終わります。そうなんです! セックスは相性が命です。恋人同士の場合なら、仮にカラダの相性が合わないとしても、性格など他の部分で補うことが可能ですが、セフレの場合はカラダの相性が最優先事項となります。セフレを作る際には、まずカラダの相性の確認から行ない、そこから適度な距離感を構築していくと良いでしょう。

【今月の格言】
着衣添い寝は論外! 朝食サービスを求めないセフレこそ、最高のベストフレンドである! 

菊池美佳子(きくち・みかこ)
21歳で処女のままキャバ嬢デビューをするものの、試用期間内に本指名をとれず、東武東上線沿線のキャバクラを転々とする。その後、派遣OLを得て、現在は大人のおもちゃ屋さんのコピーライターとして、ヤリマンの名誉をかけて奮闘中。

「抱きたいカンケイ – 映画ポスター – 11 x 17」

デカめのシャツを買うことからスタート!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
ヤリマンが教えるセフレの作り方、必須条件は家の近さ!?
出会いのない人こそ! 社内セフレを作る際の「五箇条の御誓文」
もしもヤリマンが「誰も教えてくれなかった飽きない! セックス」を読んだら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 新春ジャニオタ放談
  15. “消えたAKB48”河西智美は今
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー