ラジー賞の基準もこれだったりして......

どれだけ演技力があっても酷評される! セレブを悩ます訛り問題

どれだけ演技力があっても酷評される! セレブを悩ます訛り問題

 アメリカも日本同様、地域により訛りがある。移民も多く、みなさまざまなアクセントで会話をするため、日常生活の中で訛りをとやかく言われることはない。しかし、映画となると話は別である。英語とはいえ出身地と異なる役を演じる場合、役者たちはアクセント・コーチから方言指導を受ける。相当な努力をして役を演じるわけだが、中にはひどい訛りになってしまう役者もおり、評論家やメディアから叩かれてしまう。  今回は、アメリカ・イギリスの大手メディア&芸能誌・サイトが酷評する、映画での訛りが目も当てられないほどイタいセレブ・スターの中から、特に「訛りのひどいセレブ5」を紹介。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

どれだけ演技力があっても酷評される! セレブを悩ます訛り問題のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! アンジェリーナ・ジョリーケビン・コスナーハリソン・フォードラッセル・クロウランキングレネー・ゼルウィガーのニュースならサイゾーウーマンへ!