[連載]安彦麻理絵のブスと女と人生と

真向かいに”女囚ヅラ”が引っ越してきたことの意味

abikomarie0412.jpg
(C)安彦麻理絵

 気がつけば桜は満開なのであった。TVのニュースでも、あまりそれについて触れないので、季節が変わりつつあることに気がつかなかった。

 そして、少しずつ暖かくなってきたせいだろうか? なんだかやたらと体中が火照ってきて、とにかく体を内側から冷やしたい欲求にかられている。そんな時に、先日セブンイレブンで「ところてん」を発見。狂喜乱舞。「無駄な買い占めはやめよう」と言われてるのに、火照った妊婦の脳みそに、その声は届かなかったようである。「ところてん、ところてん、ところてんが食いたい!!」ところてんの買い占めは罪だろうか……ところてんに取り憑かれた妊婦。1パック、けっこうしっかりした量が入ってるのに、ドンブリに2パック投入。それを台所の隅でむさぼり食う(なんで台所の隅で食べてるのか、よく分からない)。時折、タレ酢のキツさに「ブフッ」とかムセながら、ズルズルとすする様は、どこか妖怪じみてるような気がした。

 ところで、先日、うちの向かいのマンションに新しい住人が引っ越してきた。うちの茶の間の真向かいに越してきたその一家……マンションの窓からニョキっと顔を突き出した、そこの奥さんを見て、私は心底ギョっとした。何度も何度も、目を見張るほどにギョっとした……なぜなら。こんなこと言うの、失礼と分かってて、でもあえて言わせてもらう。その奥さん(推定年齢36歳)、とにかく、もの凄い人相が悪いのである。まるで「亭主とか子どもの頭をフライパンでぶん殴ってそうな」そんな凶暴さを秘めた顔……”女囚顔”と言ってもいいかもしれない。肩までの茶髪、しかしアタマ上部分は、ちゃんと染め直してないから黒くなってるという、いわゆる「プリンのような状態」で、それだけでも「薄幸そう・男運悪そう」なのに、トドメにノーメイクのせいで眉毛なし……そんな人相で、窓からニョッキリ顔を出し、片手に缶コーヒーの空き缶(それを灰皿がわりにして)もの凄く機嫌悪そうな顔つきでタバコを吸っているのであった。最初見た時、本当にドキっと、ギョっとして、何度も何度も(相手に気が付かれないように)凝視してしまい、そしてすごく悲しくなってしまった私である……。「こんな人相の悪い女を、これからしょっちゅう目にすることになるんだろうか……?」。うちの夫も、この女の喫煙場面を目撃した時、かなりの衝撃を受けたらしい。

「なんか、『霊』でもいるのかと思った」

 ……「女囚ヅラ」すっ飛び抜けて「霊ヅラ」って、なんかもう、女としてどうなんだろう、それ。うっかり目にすると、本気で暗い陰鬱な気分になる顔……そんな顔の女が真向かいに引っ越してきたなんて、運が悪すぎる! 私は、本気でウンザリした。……のだが。ガックリうなだれる私の頭の中で、ハッと思い付く事があった。それは。「こんな女が近所に引っ越してくるって、これってもしかして『引き寄せの法則』じゃないの!?」

 実は私、最近とにかく、ひどかったのである。ほんとにもう、機嫌が悪くて、ちょっとした事で怒り狂ってた。「子どもがぐずりまくる」とか「体調最悪」とか、言い訳ならいくらでも言えるが、それにしたってとにかくもう。「鬼のように」とかいうよりも、「鬼そのもの」になってたと思う。ほんとに、ちょっとした事で「凄い顔して怒り狂ってた」のである。で、その「女囚・霊ヅラの女」が引っ越してくるちょっと前にも、私は騒ぎを起こしてた。その時の怒りの原因なんて、今はもう思い出せないのだが、とにかく怒髪天を突いた私は「やってらんねぇよもう!!」と怒鳴り散らしながら、自分の仕事部屋に、バタンと引きこもったのである。そしたら、茶の間の棚の上に置いていた安産祈願の「お地蔵さまの置物」が、突然バタンと上から転がり落ちたらしい。このお地蔵さん、実はあの大地震の時ですら、落ちずに棚の上に鎮座してたのに、私が怒り狂って部屋を出たら、上から突然落ちてきたので、夫はビックリしたそうである。そして「人の怒りのエネルギーって、なんか凄まじいものがある」と、しみじみ思ったそうである……。

 この出来事を、友人漫画家の大久保ニュー姐さんに話したところ、「なんか、日本昔話みたいじゃないの」と言われた。「……なんで昔話なのよ」「だって『マリエが怒ると地蔵が倒れる』って、なんか昔話っぽくない?」「……」。

 .私、知らぬ間に「怒らせたら恐い山の神様」みたいになってたようである。その後、子どもらに「お地蔵様がかわいそうだ」と責め立てられ、私は翌日、花を買ってきて、お地蔵さんにお供えをしたのであった、「心穏やかに暮らすよう、努力します」と詫びながら。

 で、そんなこんなで「引き寄せの法則」なのである。そうとしか思えないのである。向かいの女の顔の文句ばかり言ってても仕方がない。自分もそんな顔をしてたはずなのだから。類は友を呼ぶ、とはよく言ったもんだ。ああ、一度でもいいから向かいの女が「にっこり笑ってる笑顔」を見せてくれたら、そしたら私も少しはホッとするのだが……てゆうか、「人にそういう事を要求する前に、まずお前がニッコリしろよ」と、私は私自身に説教するのだった……(溜め息)。

『どうして私、イライラするの?』

ナレーションを市原悦子で再生

amazon_associate_logo.jpg

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム