その他
アタシは『朝ズバッ!』派

掟破りの羽鳥慎一アナ「テレ朝の革命」番組にかけた覚悟

morningbird01.jpg
『モーニングバード!』公式サイトより

 日本テレビから電撃移籍を果たした羽鳥慎一アナが司会を務めるテレビ朝日系新番組『モーニングバード!』が初回最高視聴率7.5%と好発進した。1%の視聴率上昇でさえ困難と言われる朝のワイドショー枠で、この数字は驚異的だ。

「前枠の『スーパーモーニング』(テレビ朝日系)は、同時間帯では最低視聴率が定位置でした。同枠の平均視聴率はフジテレビの『とくダネ!』が首位で8%後半ほどで、近年では日テレの『スッキリ!』が健闘していて7%後半。扱うニュースなどによっては『とくダネ!』を抜くこともありました。その下に、TBS系『朝ズバッ』が5.5%前後、そして『スパモニ』は最終回でさえ4.3%です」(ワイドショー関係者)

 羽鳥アナの電撃移籍は「移籍後半年間は休業する」というテレビ界のルールからは外れたものだった。掟破りであることを理解した上で、それでもテレビ朝日は視聴率の上昇に執念を燃やしたようだ。

「『スパモニ』関係者はみな焦りを隠せなかったようですね。『モーニングバード!』が始まるにあたり、上層部からは『まったく視聴率に貢献しないスタッフ勢は必要なのか?』と度々プロデューサーらに会議で詰め寄られていたようです。特に芸能担当は全員外されるという話もあったそうです。禁断の掟を破ってまでもスタートさせる『テレ朝の革命』をかけた番組ですし、相当な人材整理が検討されたそうですよ」(前出関係者)

 実際にはスタッフの入れ替えは多少あったものの、『スパモニ』からそのまま『モーニングバード!』に移行したスタッフも多数移籍している。羽鳥アナ効果による高視聴率が続いてくれれば、彼らも一安心というところか。また、番組の名前に羽鳥の愛称「バード」をそのまま使って大きく売りにしているように、番組内容も羽鳥のキャラを全面に押し出している。3月末に退社したことにより早くも古巣になってしまった日テレについてもネタにしていた。

「第一回放送では、街頭レポートを行う羽鳥アナに視聴者が『ズームインはしないの?』と突っ込んでいました。羽鳥アナは苦笑しながらも『大人の事情があって終わりました』と答え、さらにそのやり取りがオンエアされました。二回目でも『羽鳥アナの日常生活を紹介します』として、『オンエア終了後、帰宅してから『スッキリ』を見ながら晩酌をしていたのが、現在は『徹子の部屋』を見ながら晩酌をしています』と笑いをとっていました」(テレビウォッチャー)

 番組の制作発表会見では「うまくいけば僕のおかげですが、失敗したら僕のせい」と話していた羽鳥アナ。自分の身だけでなく番組全スタッフ、ひいてはテレビ朝日の将来をも担うことになってまで挑んだこの番組、さて今後の展開はいかに……。

『新春 滝沢革命【初回生産限定】(ジャケットA) [DVD]』

革命の基本

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「ギャンブルのイメージをつけたくない」千原ジュニアを守る吉本の本心
因縁の対決!? 宮根誠司と小倉智昭の共演の裏事情
「で、キミどこの記者?」マスコミ関係者が明かす、好感度の高い芸能人

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「オワコン女優」認定の3人は?
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  6. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  7. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  11. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. “消えたAKB48”河西智美は今
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 江角マキコのバックに超有能弁護士
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『DASH!!』にまたしてもヤラセ疑惑?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ