[TVツッコミ道場]

「ポワーン」が引き金だったのか? 青山祐子vs.内田恭子の笑顔の応酬

utti-.jpg
『内田恭子のやさしいおもてなし』
内田恭子/ワニブックス

 ACのCMで、斜め顔+上目遣いで、「それ、本当に必要ですか?」と言う内田恭子。その角度に何かしらの自己アピールを感じてしまうのは、筆者だけだろうか?

 今回ツッコませていただくのは、そんな内田恭子(ウッチー)が登場した4月6日放送分『スタジオパークからこんにちは』(NHK)の、司会の青山祐子アナとの水面下の壮絶なバトル。

 「フジテレビ女子アナ」という名のタレント業の一環として、『すぽると!』(フジテレビ)などでスポーツをかじったウッチーを、筑波大学体育専門学群出身でスポーツ担当アナウンサーとして育成されてきた青山アナが迎えるのだから、穏やかにはいかない予感……。だが、現実の対面シーンは、予想をはるかに凌ぐ恐ろしいものとなった。

「フジテレビを退社するときに、私がスポーツを担当していたことでぇ、スポーツ関係の皆さんがメッセージを下さってぇ。青山さんにもメッセージをいただいて」(内田)
「?? そうでしたっけ? すみません、私ちょっと……」(青山)
「ひっどぉ~~い!」(内田が青山の手をギュッと握り、スマイル)
「そういえば、フジテレビの方が何かいらしたことがあったような気が……。冒頭からこんな感じですみません、それでは~」(青山アナはテキパキ流す)

 さらに、「アナウンサーになったきっかけ」について聞かれたウッチーの答えは……。

「海外で暮らしていたのもあって、英語で仕事ができたらと思っていたんですが、安藤優子さんがテレビで英語でインタビューされているのを見て『これだ!』と思ったんです」

 安藤優子はキャスターなので、アナウンサーではない。「そのとき知識がなくて」と付け加えたウッチーに、青山アナの答えはコレ。

「それで受かったんですよねぇ、スゴイですねえ」

 うわあ……気持ちはわかるけど、怖すぎます。さらにイヤミ上手な青山アナ。

「アナウンサーとして、ポワーンとしたイメージで入ってらして実際、どうでした?」

 だが、「ポワーン」としてそうで、実はものすごく気の強そうな内田恭子。

「ポワーンとして入ったんですけど、朝はお化粧してる時間もあまりないし、ポワーンと(以下略)」

 自分が言われた「ポワーンとしたイメージ」というフレーズが相当頭にきたらしく、わざと何度も執拗に「ポワーンと」を使う内田恭子。恐ろしい。

 それにしても、「○○でぇ」「○○なのでぇ」という甘ったるい話し方のわりに、内田恭子は機関銃のごとくしゃべることしゃべること、語ること語ること。

 青山:内田=1(嫌み):9(自分うっとりワード)くらいの割合でしゃべっていた。

「画面に出る内田恭子としてでなく、素の内田恭子をもっとたくわえなければいけないと思って、1度仕事をやめました」
「ママという私と働く私と両方、私のすべてを見て(子どもには)育ってほしい。常にポジティブポジティブで」

 青山アナの”テキパキイヤミ”も、「ポワーン」とした甘さで包んだ「自分が」「自分が」の自己顕示欲の強さには、敵わないようです。
(田幸和歌子)

『内田恭子のやさしいおもてなし』

二人のやりとりは、「女って怖えぇ!」って言いたい男へのサービスかも

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
「一番ズルイ女」内田恭子、妊娠を機に女子アナ界一人勝ち!?
内田恭子の”やりすぎ”アイメイクが気付かせたある正論とは?
生田斗真の弟に元モー娘。が新人アナウンサーデビュー!



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「ポワーン」が引き金だったのか? 青山祐子vs.内田恭子の笑顔の応酬のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! スタジオパークからこんにちは内田恭子のニュースならサイゾーウーマンへ!