[連載]鹿砦社・松岡社長の「暴露の花園♪」第23回

のりピーの自叙伝を逃した(?)鹿砦社と、のりピー騒動の意外な接点

geinoukaikusuritengoku.jpg
『のりピーと芸能界クスリ天国』
(鹿砦社)

――『ジャニーズおっかけマップ』『タカラヅカおっかけマップ』や、”松田聖子の愛人ジェフ”による『壊れた愛』など、芸能人の研究本・暴露本など問題作を次々と刊行してきた、鹿砦社・松岡利康社長。”言論の自由”を守るために闘ってきた、社長の壮絶出版人生に迫っちゃうぞ~!

【芸能界薬物問題編】

 酒井法子、押尾学、小向美奈子といえば、ここ最近の芸能界”クスリ三銃士”。事件として目立つものは限られてきますが、数十年を振り返ると、薬物中毒で逮捕されては復帰し、を繰り返している芸能関係者は、すさまじい数にのぼります。まさに芸能界は”クスリ天国”。その詳細を、薬物ごとにジャンル分けし、覚せい剤、コカイン、MDMA、アヘン、大麻、などでそれぞれ逮捕歴がある人のエピソードや、その薬物の効能・中毒者の見分け方までを記載してまとめたのが、『のりピーと芸能界クスリ天国』(鹿砦社)です。

「この本は2009年10月発売。のりピー事件がきっかけで出したんだ。のりピー事件がその年の8月だったでしょ。大急ぎで出したんだよ。芸能界は一種の無法地帯だからね。普通の世界と比べて、犯罪を起こしても、復帰が早いし、寛容な面もある。だからこそ、再犯率も高いような気がする。ちゃんとこういう本で暴露して、監視抑制の意味を持たせようと思ってるんだよ」

 と話すのは、鹿砦社の社長・松岡利康さん。暴露本を山ほど手がけてきただけに、手慣れたものです。本書では、薬物中毒になった芸能人の写真を、ビフォア、アフターと並べているのですが、その写真がこれまたなかなかに衝撃的。一体どこから見つけてきた写真なのやら……。

「ラリってる写真は、わざわざそういう写真を探して掲載したからね(笑)。こういう本は、意外な人の犯罪歴が分かるよね。せっかく神奈川県名誉県民だったのに、逮捕されたことではく奪されたミッキー吉野とか、美川憲一のような芸能界のご意見番のような立場の人とか。芸能人本人だけじゃなく、有名人の親族も結構いるよね。黒柳徹子の弟も覚せい剤で捕まったことがあって、それも載せてるよ~」

 さらに、松岡さんが明かす意外な事実は、鹿砦社とのりピー事件との因果関係。鹿砦社と言えば、過去の本連載でも紹介したように、ジャニーズ事務所との泥沼裁判が有名なわけですが、

「何の因果か知らないけど、あのジャニーズ裁判のときにお願いした弁護士は、のりピー事件を担当したT弁護士と同じ法律事務所に所属しているんだよ。そういう繋がりがあるから、のりピー事件が起こったとき、手紙を送ったんだ。何か事件に関する本を出す場合は、ウチが一枚噛みたいっていう下心のもとに(笑)」

 ちなみに、向こうからの返事は?

「返事は来なかったな(苦笑)。一度、電話は来たけど、結局は別の出版社から出ちゃったしな~。そんなに売れてなかったけど。新聞社系のお上品な出版社よりも、暴露本のノウハウがあるウチでやらせてくれたら絶対売れたのに!」

 ちなみに、今現在は、押尾事件のまとめ本を作ってるところだそうで、

「押尾も今後どうなることだろうね。一回の逮捕でもう芸能界に戻れなくなる人もいれば、何度捕まっても復帰する人もいる。そういうしぶとい人は、もう持って生まれた、天性のものだよね。まぁ、僕もしぶとさじゃ負けないヨ」

 そのしぶとさがある限り、暴露本伝説はまだまだ続きそうです。
(朝井麻由美)

■鹿砦社公式ホームページ

松岡利康(まつおか・としやす)
1951年9月25日生まれ、熊本県出身。同志社大学文学部卒業後、貿易関係の仕事に従事。サラリーマン生活を経て、83年にエスエル出版会を設立、88 年に一時期経営危機に陥っていた鹿砦社を友好的買収、同社社長に就任。05年にパチスロメーカー大手のアルゼ(現ユニバーサルエンターテインメント)を取り上げた『アルゼ王国はスキャンダルの総合商社』、球団スカウトの死に迫った『阪神タイガースの闇』などの出版物について、名誉毀損で神戸地検に逮捕、起訴され、有罪判決を受ける。「ジャニーズ研究会」も開設。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
「あそこには絶対連絡するな!」、吉本興業でも触れない鹿砦社という脅威
八百長、ドラッグ、女遊び……角界の生々しい実態を書いた暴露本で刑事告訴!
川島なお美の暴露本に世良公則が抗議した、アノ騒動の実情

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. キムタクは「がんばっちゃう男」である

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー