芸能レポーター・石川敏男の芸能ヒミツ便り

義援金額の大きさより継続的な支援を……ペナルティー・ワッキーらも路上カンパに

re-wakky.jpg
「ルミネtheよしもと」ブログより

 巨大地震の被災者への義援の和は芸能界でも広がる一方だ。支援の気持ちは金額の大きさで計るものではないが、どうしてもそこに目がいってしまう。「彼女らはメンバーで5億円」「誰々は2億」「彼だって1億円らしい」「彼女も5,000万円以上」なんて話が蔓延してしまった。そして、次は、「あの人が1億なら、あの人は?」「最低でも3億円じゃないの」「何であの人の名前が出てこないの」という囁きが流れ出した。先手必勝というわけではないが、出遅れてしまった人はここまで額が上がってしまうと出しづらい。

 行動で十分という考えもある。東京・新宿ルミネ前の路上で、義援活動を続けていたグループがあった。ルミネtheよしもとに出演中の芸人たちだ。すぐに目に入ったのが「ペナルティー」のワッキー。雨の中、声を枯らして募金を訴えていた。これも立派な支援なのだ。今回の災害は、一度や二度の支援ではすまない。数年に及ぶかもしれない。忘れないためにも、続けていくことが大切だ。たしかにポンと何億も義援できる人も必要だが、「コツコツ長く続けないといけない」と、誰もが感じているだろう。

 私も、出演している「レインボータウンFM」の呼びかけを応援しているし、長く続けていきたい。すでに、第一弾として受け入れ先の福島・矢吹町に義援金と物資を届けた。金額的には、数十万円単位だが、この先も10~20回と続けばいい。台湾では、チャリティー番組で40億円を越える日本への義援金を集めたという。日本もAKB48を中心にJ-POPのチャリティーコンサートをドームなどで開催すれば、5万人以上を動員できる。演歌の世界では、北島三郎を中心にした歌手が日本武道館でコンサートをすれば1万人は集まる。チャリティーコンサートも続けることができれば、台湾の40億円は軽く越える。自粛、自粛で、イベントさえも行われない状況だ。でも、どこかが打破しなければいけないのだ。

 義援活動の中で、物資も重要な役割を果たしている。乾電池、ラジオ、毛布、缶詰などなど。被災地にはありがたい。だが、ゴミになってしまうものもある。贈りたい気持ちは分かるが、下着などはやめたほうがいい。相手の身にもなってあげて欲しいと思う。芸能ニュースが流れる平和な日が早く来るように。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 「オワコン女優」認定の3人は?
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  7. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  11. “消えたAKB48”河西智美は今
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  14. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 江角マキコのバックに超有能弁護士

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ