ブルボンヌの映画批評 「女優女優女優!」第10回

本当に強いのは女よ! 『ランナウェイズ』でダコタが脱子役宣言

ranaways-poster.jpg
(C)2010 Runaways Productions, LLC. All Rights Reserved.

 サイ女な皆さん、今日も不謹慎な言葉を手で押さえてますか~。そこに愛の隠し味があれば、アタシは応援するわ!

 ところで、サイゾーウーマンってからには、これ読んでる皆さんはアレよね、ウマン子ばっかりなのよね?(まあ、オカマや女装がしれっと混入してるのも間違いないだろうけど……) 皆さん、数々の名曲をお持ちのアン・ルイス姐さんのその名も「WOMAN」って歌、知ってるかしら?

「MY NAME IS WOMAN 悲しみを身ごもって 優しさに育てるの
 MY NAME IS WOMAN 女なら耐えられる 痛みなのでしょう」

 そう。いざという時、本当に強いのは女なのよ! 男のものってイメージの世界にもどんどん殴りこんでいかなくちゃ。政治の世界に行く? いいわね。さぁ、蓮舫姐さんみたいに襟立てて口角下げて!(でも元クラリオンガール) ロックバンドやる? それもいいわ。女の子だけのバンド……ピンク・サファイア! アタシ、今でもたまにメールの最後に「P.S. I LOVE YOU」って付けるもん!(うそ) さらに硬派なSHOW-YAさんも忘れないで。限界までっ限界までっ。

 とまぁ日本でも忘れられない面々が並ぶガールズ・ロックバンドの、元祖中の元祖って知ってるしら。その名もランナウェイズ! 今回は、彼女たちの実話を元にした映画『ランナウェイズ』でいくわよ~!

ranaways-main.jpg
主役はイメチェンに挑むこのお二人。黒髪=攻め×金髪=受けなBLの
お約束をしっかり守ってます!(違う)

 「チェリー・ボム」って代表曲なら聴いたことくらいはあるんじゃないかしら。「乳、乳、乳、乳、チェリーボ~ム!」ってサビが有名なやつ(英語だっつーの)。ボーカルのシェリー役を演じるのは、なんとダコタ・ファニング! 大人気のハリウッド子役といえば、その後グレるのがお約束だけど(凶悪化の最高峰はリンジー・ローハンちゃん)、ダコタもやっぱり、ヤクやって下品な格好で暴れまくったってわけよ。ってそういう役なのか。ある意味、現実にグレたい衝動を仕事に置き換えたって考えると、ダコタちゃんてばやっぱり賢い娘ね~。
そしてもう一人、実力派ギタリスト、ジョーン・ジェット役には、クリスティン・スチュワート。そう、あの映画『トワイライト』シリーズのヒロインよ。あの映画見てる時はいっつも、「なんなのよこのヒロインは。全然守りたくならない強っそうな顔しやがって。吸血鬼の彼氏に守られてないで、お前がそのアゴで敵を突き刺せ!」と野次を飛ばしてた、あの娘ね。

ranaways-4.jpg
ちょっと前まで、宇宙人に脅えてた娘さんが、いつの間にか下着ルックで
下品な歌詞を絶叫! 成長抑止剤を飲んでるって都市伝説まであった
安達祐実ちゃんとは違って、早々に育ちまくったわね......。

 そんな主役の二人が揃って「イメチェンに挑戦」と評されるこの映画ですけど、結果、大成功だったわね! 二人とも全く違和感なく似合ってるのよ~。ダコタの世の中をナメてるようなスカした表情は、天才子役の成長した姿と相まって説得力ありまくりだし、クリスティンにいたっては、今すぐ抱かれたいくらいの男っぷり! アタシが思ってた以上に、本人自身が「あ~こんな守られるヒロイン役はしっくりこないわ~」ってずっと感じてたんじゃないかしら。そのうっぷんを晴らすかのような力演よ。現実のジョーン・ジェットさんもレズ姐御全開な方なんだけど、こんな姐さん、2丁目でもよくいるもん。てか、いつもアタシの男本名を呼び捨てにするあのレズタチ姐御にクリソツだわ……ジュン。

ranaways-1.jpg
さすがに現役でファンだったほどのババアは読者さんには少ない
かしら......? 世界中の女性オンリーバンドの元祖だよ!

 お話はほぼ実話を時間軸通りにたどる構成。まず、ビジュアルだけでもキュンキュンしちゃう、70年代の空気感が心地いいのよね~。やっぱアタシが生まれたのが71年だから?(ババァばれ) ファッションもインテリアもほーんと、かわいい。そして、ロックが完全に男だけのものだった時代に、平均年齢16歳の女の子バンドが切り込んでいくってストーリーにも、自然に引き込まれちゃう。やっぱりこういう先人がいてこそ、今の女の自由があるんだもんね~(ってアタシ、ニセモノ)。

 熱狂の’77年日本公演の様子も熱く再現されててニヤニヤしちゃったわ。ダコタちゃんが歌う「チェリー・ボム」は、映画の映像で作ったPVが今MTVとかでも流れてんだけど、しっかり歌いきっててビックリよ。二人ともボイス・レッスンとかすげー頑張ったらしいし、このへんはハリウッドと日本の若手女優の役作りに対する気合いの違いを実感させられるわね。日本のアイドル売り女優も、ぶりぶりしてないで、もうちょっとトチ狂ってほしいもんよ。

 そんなわけで、実話自体の持つパワーと、それを忠実に蘇らせようと頑張ったイメチェンヒロイン二人のパワーが見事に結実した、気持ちよく見られる力作に仕上がってるわ。締めは、実際に解散に向かった流れ同様に、ちょっぴり寂しい雰囲気だけど、それもまたリアルな味。

 ポップなラブコメ映画ばっか観てるような甘チャンには厳しいかもしれないけど(何がゆるふわよっ!)、70年代テイストとガールズロックに興味があるのなら、絶対オススメするわよ。女ヂカラ、ばんざーい!

burubonnnus04.jpg

ブルボンヌ
女装パフォマー/ライター。『この映画がすごい!』(宝島社)『BUBKA』(コアマガジン)等に寄稿しつつ、フジテレビ『知りたがり!』コメンテーター出演や、新宿2丁目ゲイミックスバーのママ業もこなす。芸能通のゲイたちと一緒にオカマなブログ『Campy!』もプロデュース中。

『ランナウェイズ』
 1975 年のロサンゼルス。ロックスターを夢見る15歳のジョーン・ジェット(ダコタ・ファニング)は、クラブで出会った音楽プロデューサーに自分を売り込む。ジョーンに十代の女の子だけのバンドを組ませるが、何かが足りない。そんな中、シェリー・カーリー(クリスティン・スチュワート)がボーカルで加わり、「ランナウェイズ」は順調に成功を手にしていく。だが、シェリーは次第に精神が不安定になっていき、さらにメンバー内にも亀裂が生まれていく……。
配給:クロックワークス
公開中!
公式サイト

【バックナンバー】
・第一回 ブルース・ウィルス『サロゲート』
・第二回 メリル・ストリープ『恋するベーカリー』
・第三回 ペネロペ・クルス、ニコール・キッドマンなど『NINE』
・第四回 ガボレイ・シディベ『プレシャス』
・第五回 『セックス・アンド・ザ・シティ2 』
・第六回 アンジェリーナ・ジョリー『ソルト』
・第七回 大竹しのぶ『オカンの嫁入り』
・第八回 クリスティーナ・アギレラ&シェール『バーレスク』
・第九回 ヘレン・ミレン『RED』

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  2. 黒木瞳が視聴者をイラつかせる理由
  3. 松田龍平、離婚報道で母が異例の対応
  4. 「女による女叩き」が蔓延するワケ
  5. ムショの休日で一番の楽しみ
  6. V6・森田&宮沢、結婚一直線か
  7. 山崎賢人最新映画でバブル終了?
  8. 小倉優子の不倫夫、キャバで暴言報道
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  11. 『奪い愛、冬』視聴率はパッとせず?
  12. 錦織、極秘結婚説でファン騒然
  13. 嵐、JUMPらジャニーズ性風俗事情
  14. 瑛太は不機嫌、妹はイチャイチャ…… 松田美由紀BDパーティーに芸能人続々!
  15. 『カウコン』隠れ名シーン
  16. 映画『相棒』過去最高ヒットの謎
  17. ジャニーズ・N、禁断のベッドエピ発覚
  18. 女子刑務所の時給は10円!?
  19. 清水富美加に“便乗”タレントたち
  20. NEWS・増田、共演女優が“交際匂わせ”疑惑

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  2. V6・森田&宮沢、結婚一直線か
  3. 錦織、極秘結婚説でファン騒然
  4. 『カウコン』隠れ名シーン
  5. ジャニーズ・N、禁断のベッドエピ発覚

カルチャーの人気記事

  1. 義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?
  2. 「いい病院」特集に、主治医との恋バナ!?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  2. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  3. C・ブラウン、ボクシング対決を放棄
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ