[ジャニーズ最新言行録]

謹慎から早一年……今語られる草なぎ剛とあの後輩の意外な交流

kusanagitsuyoshi02.jpg
アタイもつよぽんの古着うんちく話
聞きたいな~

 事務所の売り出し方が異なることから、他グループに比べて後輩との接点が少ないSMAPメンバー。最近でこそ『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)にKinKi KidsやKAT-TUN、ジャニーズJr.らがゲスト出演し、彼らとの絡みも見られるようになったものの、体育会系ノリで先輩・後輩の結束が固いとされるジャニーズ事務所においてもSMAPは未だに「別枠」な扱いを受けているイメージが強い。

 そんな中、SMAP草なぎ剛がある後輩との意外な交流話を明かし、ファンの間で話題となっている。

 そのエピソードが語られたのは、現在発売中の「月刊テレビジョン」(角川マーケティング)3月号。草なぎの連載「お気楽大好き!」が150回を迎えたことを記念した「Q&Aまつり」でこんな質問が投げかけられたのだ。

「ジャニーズのほかのグループの方と付き合いがある?」

 これに対する草なぎの答えは……。

「長瀬(智也)くんとは結構ある。なんか長瀬、好きなんですよ、僕。」

 ふたりの共通点はズバリ「古着好き」なこと。草なぎ曰く「ほかの人に言ったら分からないようなGパンのことでも長瀬は分かる」そうで、マニアックな古着店の情報を交換したり、サイズの大きかった古着を長瀬に譲るなど、楽しく交流ができているようなのだ。さらにこんな話も。

「僕が謹慎してくれるとき励ましの手紙を送ってくれたりとか…」

 言うまでもなく、この「謹慎」とは2009年4月に起こした”公然わいせつ”による謹慎のこと。ほとんど外にも出ないで家にこもり「自分はこれからどうやって生きていくか? 何が1番幸せなのか考えていた」という葛藤の日々の中で、後輩からの優しさは深く心に響いたに違いない。また、メールや電話ではなく、あえて「手紙」をチョイスするところからも長瀬の人柄が伝わってくる。趣味を通して心を通わせる男同士の友情。今後もこんな”ちょっとイイ話”でファンを和ませてほしい。

『月の街 山の街 [単行本]』

古着と韓国があればつよぽんは幸せ

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
ジャニーズ裏メディアが総括! 2010年を騒がせたジャニネタを徹底検証
大物放送作家がSMAP草なぎ剛の”禁断の”新CMを「勇気を与える」と大絶賛
全裸事件を自嘲!? 草なぎ剛のソロ曲「帰って来たヨッパライ」に話題集中

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  11. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  15. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  16. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  17. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  18. 他人の記事をパクるのはこんな人
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!