[TVツッコミ道場]

『イッテQ!』における、ベッキーとオセロ松嶋尚美の必要性はどこに?

itteQ-1.jpg
『世界の果てまでイッテQ!』公式サイトより

 今回ツッコませていただくのは、人気番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)を見ていて思うこと。

 では、出川哲朗がペットボトルロケットに挑戦したり、森三中がさまざまな「アクティビティー」(めちゃくちゃな絶叫マシーン)に挑んだり、いつの間にかイモトアヤコが珍獣に関係なくただ無茶なことに挑戦したり、いまどき珍しいほどみんなが体を張って頑張っている。司会の内村光良だって、宮川大輔とNEWS・手越祐也とともに、氷の張った湖の上の細い木の橋を自転車で渡り、凍りつく湖にまっさかさま……なんて挑戦をし続けている。

 ジャニーズなのに、手越もかなり体を張っている。それどころか、200m超えのバンジーで落ちながらカメラ目線でスマイルするなど、ハートの強さと身体能力の高さは圧巻といっていい。一方で、「チキってる」などと宮川大輔を挑発する憎まれ役・卑怯さを演じて、笑いをとることも忘れていない。実際、この番組を見て初めて「ジャニーズ嫌いだったけど、手越だけは見直した」「手越だけはマシ」なんて人たちも出てきているほどである。

 だが、見れば見るほどどうにも気になるのは、危険に挑み、体を張る人たちと一線を画したポジションにいる二人――ベッキーとオセロ・松嶋尚美の存在である。森三中が手作りの危険なジェットコースターでふっとぶ姿などを、ただスタジオで見て爆笑するだけ。ダベっているだけ。これが上戸彩とかガッキーだったら、「笑ってくれた!」と、それだけで価値のある存在である。

 しかも、森三中をただ笑うオセロ松嶋って、女芸人として森三中と違うのだろうか? もちろん体重は案山子とトドくらい違うだろう。でも、それ以上に、面白さだって格段に違うはずだ。『きらきらアフロ』(テレビ大阪)は鶴瓶あってのものだし。また、嵐の番組などで、仕事そっちのけでお気に入りらしい櫻井翔にばかり絡む松嶋は、芸人というより、ただの女の顔になっているように見える。

 そんなことを思い、調べてみたら、ネット上には「イッテQはあんなに面白い番組なのに、ベッキーとオセロ(白)が出てる事で台無しになってる」なんてスレッドもあった。なんだ、これは既知のことなのか……。

 ジャニーズやウッチャンまでも「現場」で汗を流しているのに、なぜか高見の見物で許されるベッキーとオセロ白。彼女たちの笑顔にどれほどの価値があるのかは、謎だ。
(田幸和歌子)

『珍獣ハンターイモトの動物図鑑 アフリカ編』

っていうか宮川が苦手

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
『イロモネア』でのたった一言で、観客すべてを敵に回したピース綾部祐二
「地上波初の美女」は○○!? ウエンツの煽りが引き起こしたどっちらけムード
「合コンは地獄絵図、興味ない」と放った松山ケンイチと小栗旬の立ち位置

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー