今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

KARAの事務所問題を象徴したような、あまりにお粗末なお仕事

kara.jpg
『KARA BEST 2007-2010』(ユニバ
ーサル・シグマ)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎脇の俳優は意外といい

 騒動がなければ見なかったであろうKARA主演のドラマ『URAKARA』(テレビ東京系)を見た。KARAがそのまんまKARAとして登場。「トップアイドルとして活躍する彼女たちには、実は『惚れさせ屋』という裏の顔があった!」てな設定で、ヘンな仮面被った男から「ラブミッション」なる命令受けては、いろんな男のハートを撃ち抜いちゃうゾ、というストーリー。テレ東で深夜とはいえ、視聴率1%台(第二話、ビデオリサーチ調べ/関東地区)という驚異的な低い数字が出るのも納得のお粗末さ。声明の「メンバーが望まない芸能活動を強要して人格を汚した」って、絶対このドラマのことだと思う。


◎キレイ以外に何もない

 林家三平、国分佐智子と婚約。ま、女優さんって実物見たらすごくキレイなんだろうけどさ。今さら国分佐智子を「キレイキレイ」と口々に誉め称えられてもねぇ。結婚式で泰葉が見られるのは楽しみだけど。海老名美どりも。あんなやっかいな家によく嫁ぐよなぁ。「キレイキレイ」がどんな風に変わってくのか、これからじっくり拝見させてもらうことにしよう。

◎結婚も破談になったの?

 テレ朝のシリアスドラマ『告発~国選弁護人』で、逃亡中の重要参考人役の釈由美子が、半裸でマッサージ受けてるシーンでサングラスかけてた。マジで。まだ始まったばかりの冬ドラマ群だが、早くもベストシーンが決定した格好だ。今年も釈由美子から目が離せない。悪い意味で。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
沢尻エリカから透けて見えた、男に対する若い女の「優位性」
いま日本で一番、穢れなき著名人の齋藤佑樹にお願いしたいあのお仕事
キムタクだけじゃない、”本人”を演じたSMAPの紅白舞台裏

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク