[女性誌速攻レビュー]「CanCam」3月号

編集部ごり押しでもまったく浸透しない、「Can流」という言葉の意味を考える

cancam1103.jpg
「CanCam」(小学館)2011年3月号

 先月号でご案内した通り、同誌モデルの徳澤直子は今月で卒業。そんな徳澤の卒業メモリアルページですが、悲しいことに「CanCam卒業、そしてアメリカへの旅立ち―」というインタビューのたった2ページだけ。しかもページをめくればすぐに「徳澤直子 COACH(はあと)POPPYとめぐるNEWYORK」というタイアップページへ。何この扱い? どうしたらこんな仕打ちを受けるの? さらには新天地NY紹介ページも、「コンチネンタル航空」のタイアップになっているし。と冒頭から徳澤直子に思いを馳せたところで、早速中身をチェックしましょう。

<トピック>
◎なぜCan流はモテるのか?
◎徳澤直子、卒業
◎Can流BOOM! BOOM!! BOOM!!!
◎私立探偵☆舞浜アイクのCan流OL1か月コーディネート

■モテ以外の知識は必要なし?

 「Can流」という言葉が世に出てきて、3号目。いまだに「Can流」ってトドのつまり何なのかが不明なのですが、それを探るヒントがありました。その名も「Can流BOOM! BOOM!! BOOM!!!」という企画なんですが、ハッキリ言って、何の意味もない、小ネタ集企画です。「今ドキ遊びはフィールドトリップ」と称して、資生堂鎌倉工場やら東京消防庁本所防災館に見学にいったり(しかも紹介はすごくアッサリ)、「人を引き付けるスロートークに興味シンシン」といって戦場カメラマン渡部陽一さんにたった3問の質問をぶつけたり、「ブランドメガネで人生変わった!!」とJAROに電話かけようかと悩むほどのあおり記事(単なるメガネ紹介記事)があったりと無法地帯。一つ一つのネタもいくらでも掘り下げられるのに、何にも読ませようとしない。そしてきっと読者ももっと深く情報を知ろうとしない。同誌は「Can流は”かわいい”のスパイラル」と謳ってますが、筆者からみれば「Can流は”上滑り”のスパイラル」。ファッション誌だからという言い訳が成り立たないほど、他誌が読み物ページでの差別化を意識しているというのに。

■ジャンパースカートで会社に行こう♪

 今月は春の新作が豊富なこともあって、ファッションページが華やか。そんな中にも、それこそCan流トラップがあるから見逃せません。まずは「私立探偵☆舞浜アイクのCan流OL1か月コーディネート」を見て行きましょう。タイトルだけで目を覆いたくなりますが、「CanCam」の現況をみなさんにお知らせするために頑張ります。

 まず、解説するごとに冷え冷えしますが、映画『私立探偵濱マイク』と、モデル舞川あいくの名前にかけた設定。製菓会社からチョコレートの試作品が盗まれたというオファーがあり、その会社にOLとして潜入、犯人を見つけることが今回のミッションなのだそう。着まわしコーデもネタ切れなのは分かりますが、それならかつでの「PINKY」の”花屋のバイト→アイドル”ぐらいの完璧なドリーミングストーリーを作ってほしかった。学芸会レベルは、読者が一番つらいはず。

 肝心の内容は、社内の女性社員と仲良くなってディズニーランド行ったり、男性社員をイチコロにさせたりと楽しそうな探偵業務。そして犯人は、社長の愛猫・ミルクだったという幸せなオチ。「チャンチャン♪」って効果音まで聞こえたきそうなテンションです。近年の着まわしコーデ企画の中でも、群を抜く問題作なので、ぜひチェックを。

 ちなみに今月号のファッションページは、端から端まで気が抜けません。「残す冬服×買い足す春服」という企画では、「オフィスにジャンパースカートで☆」というこれまた見逃せないワンコーナーがありますので、細心の注意を払って読みましょう。しかし、ジャンパースカートって……。

■結局働きたくないんでしょ

 今月号の読み物ページは「こんな時代に『働く』ということについて」という真面目そうなもの。読者アンケートによると、「CanCam」読者の平均労働時間は9.4時間、残業時間は1.6時間、平均年収は363万円です。しかも401万円~450万円が36%で1位という高所得者。「彼に『結婚するなら仕事を辞めてほしい』と言われたどうしますか?」という質問には、48%が「辞めない」と答え、「今の職場は結婚・出産を経て復帰できる環境にありますか?」という質問に「YES」と答えた人は69%と、思いのほか「CanCam」読者は働くことに前向きのようです。

 と思いきや、「if もし●●のお嫁さんになったら」という企画が続いており、今までの流れをせき止めています。医者、美容師、パイロット、商社、メーカー(技術者)のイケメン達を取りそろえ、仕事時間、休日、推定年収を根掘り葉掘り聞いています。なぜそんな厚顔無恥なことを出来るかといえば、「アンタの嫁さんになったら、どんな生活を送らせてもらえるか、教えてぇな」ということらしいのです。あれ? 結婚しても働くんじゃなかったの? 働くっていっても、夫の都合に合わせる前提ってこと? なんかこの一連の流れが、また「CanCam」特有の場当たり感が出ているようでなんとも……。

 今月号も「Can流=かわいい=モテ」という図式がファッションページを中心に何度も登場し、男性による「好きな女の子のファッション座談会」を随所に入れてくるなど、ひたすら男性目線ばかり気にしている「CanCam」。1冊266ページにわたり、「モテモテモテモテ」と呪詛状のように書き散らしている同誌を見ていて思ったこと。これを読んで「CanCam大好き♪」って思える読者は、よっぽど心がたくましいのだと。いろんなことに目をつぶり、「モテ」に突進していく様が「Can流」ってことなのでしょうか?
(小島かほり)

「CanCam」

「モテ」ジャンキー

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
「CanCam」史上最高の広告代理店臭! この時代に「かわいい特集」の謎
異変! 腰かけOLのバイブル「CanCam」が”働くこと”を勧めているぞ
万能雑誌からの脱却? 信者以外楽しめない「CanCam」8月号

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー