[連載]安彦麻理絵のブスと女と人生と

タレた尻は「母親の勲章」? 中年女の尻に見る、羞恥、郷愁、攻撃性

abikomarie110122.jpg
(C)安彦麻理絵

 かかとがガビガビにヒビだらけである。よく「末端をキレイにしてる女は美人」と言われるが、顔の手入ればかりでは女はダメなのだろう。今の私、美人にはほど遠い場所にいる。「子どもに手がかかって、そこまでケアするヒマがない」という言い訳は通用しない昨今、先日NHKの朝の情報番組にて「30過ぎた女のタレ尻をなんとかしよう!!」という特集があった。

 タレ尻撲滅にあたり、視聴者代表の41歳の主婦がガードルやらサイズのあった下着、洋服選びで、「足でふんずけてつぶれた饅頭のようなケツ」を見事、目くらましでアゲアゲにしてみたり、元モデルの女性が、日常生活の中で常に、四六時中出来るエクササイズを紹介したり(仕事の打ち合わせ中もテーブルの下では脚のエクササイズ。って、これって、ちゃんと仕事に集中しろよって気もするが)。そして、スタジオでは視聴者からのメール・ファックスで「私のタレ尻話」なる、「ケツで失敗・恥をかいた話」が、面白おかしく紹介され、場を賑わせていた。「なんとかしよう!!」という特集のわりにはスタジオ内の女性アナやゲストが「分かっちゃいるけど、でもタレたもんはどうしようもないのよねぇ~」という雰囲気で、それが妙に親近感を沸かせるというか、そんなユルさが「いいカンジ」になっていた。私も見ていて、視聴者のケツ話に爆笑していた。そこへ、である。そんなホッコリ・ユルユルな、いい雰囲気の所に、である。

 「40代の、3人のお子さんを持つ女性からのファックスで~す」と読み上げられたその内容が、一気に場の雰囲気がシラけるような「なんか、ふざけててすみません」と謝りたくなるような内容で……。まぁ要するに、その女性曰く「私は子供を産んで、見事にタレ尻になってしまったけど、でもこれは『母親になった勲章』と思っているから、ちっとも恥ずかしいなんて思っていません!!」という、そーゆー内容なのであった。

 読み上げてた女性アナも「そういう考え方もありますね」なんてまとめてたが、それにつけても……。このファックスした女性に対する私の率直な感想は、「なんて図々しい女だろう」であった。「母親」という、それだけであらゆることが許されるなんて、それはかなり強引で傲慢なのではないだろうか? 私だって3人子どもを産んでるが、でもそこまでそういう……あ、私は「母親→勲章」的な考え方が、多分すっごい嫌いなんだ。なんて、たかだか「ケツ」が引き金になって、「母親というもの」について朝っぱらからいろいろ考えてしまった(ケツから母親論に話が飛ぶってなんかすごい……)。

 で、その場で一緒にテレビを見ていた夫に、「こーゆー女の人ってどう思う?」と聞いたら、「この人のダンナがかわいそう」と即答された。大体こういう女性は、一時が万事、全てにおいて「母親」という基準で全てを括るので、それがとにかくイヤだそうである。その後、友人漫画家の大久保ニュー姐さんにも、この番組の内容を伝えた上で、同じ質問をしてみたら「その人のダンナがかわいそう」と、これまた同じ答えを即答された。しかも「そこんちってさぁ、絶対セックスレスなんじゃないの?」というオマケつきで。

 「中年女のケツはなぜ図々しいオーラを放っているのか?」といえば、それはもう「そんなのしょうがないでしょ!!!」という開き直りと、羞恥心の無さ、それに尽きるのではないかと思う。「もう、こんなになっちゃって恥ずかしいわ~」という羞恥心があるケツは、まだ可愛げがある。他には「昔はイキのいいケツだったけど今じゃすっかり……」と、「哀愁・郷愁を漂わせたケツ」も、まだ許せる。しかし「子ども産んだんだから仕方ないでしょ!!!」もしくは「だから母親としての勲章なのよ!!!」なんて開き直られたケツは……煮ても焼いても食う気がしないケツとは、こんなケツのことを言うのだろう。こんなケツの女房にならないように、亭主もたまには奥さんを「女扱い」してやったほうが得策である。

 とはいえ、雑誌「美STORY」(光文社)に出てくる「美ケツ自慢の美魔女」、彼女たちのケツも別な意味で、ある意味図々しいような気がする。「40いってるけど、でもこのケツよ!!」という、なんだか図々しいをすっ飛び抜けて攻撃的なケツというか。……女はどこにどうころんでも、基本、図々しい生き物である(女には「謙虚」という2文字は存在しないのだろうか?)。

 明日から、かかとの手入れ、頑張ります。

『ご出産天国! (まるごと体験コミック) [単行本]』

郷愁尻はいいですな

amazon_associate_logo.jpg

【バックナンバー】
キャバ感ムンムンの振り袖女子を見て思い出す、自意識過剰のめんどくさい私
生理前の女はブスメシを求める! 安彦麻理絵が発情したブスメシとは
とんこつラーメンには「美STORY」。安彦を惑わす「40女の発酵臭」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー