[女性誌速攻レビュー]「an・an」1月26日号

男の精力は居酒屋のオーダーシーンで分かる! 「an・an」の男の本性特集

anan0126.jpg
「an・an」(マガジンハウス)2011年
1月26日号

 今週の「an・an」(マガジンハウス)は「春メイク」特集。「こんな可愛くなる! 奇跡のビフォーアフター」と謳うものの、表紙も誌面も登場してるモデルはすっぴんもカワイイので、参考になりません。血色の悪いボロボロの顔を晒してリアルな変遷を紹介しているギャル誌の方が余程参考になりそう。ということで、今回はメイク特集以外の企画を見ていきましょう。

<トピックス>
◎劇的に違う!! 東京メイクvs神戸メイク
◎男の本性を第一印象で暴く!
◎韓流コスメお買い物ガイド

■本性なんて見たくないくせに~

 メイク特集をすっ飛ばして、小特集「もうだまされないぞ! 意外と見た目を裏切る生き物。男の本性を第一印象で暴く!」に注目。「だまされた!」って被害者意識丸出しのまま「”パッと見”と中身のギャップ詐欺を防ぐため、良い部分・悪い部分を見透かす力をつけておきましょう!」とリード文でさらに加勢。ギャップ萌え~みたいなこと前に言ってなかったですっけ? また「an・an」の勢いに違和感を感じながら見ていくと、誌面では日常のシーンから男の本性を見抜こうと頑張っています。

【精力がわかるシーン】
混雑した居酒屋。注文したいのに、店員がなかなか通らない…
→大声で店員を呼んでしまう人は精力あり。いつまでもタイミングを計るようなら受け身の可能性も。

【柔軟性がわかるシーン】
仕事で得意先を訪問するときの手みやげ、何にしたらいいか彼に相談してみると…
→旬のスイーツショップや流行りものなど、意外な提案が出てくるなら柔軟性高し。”新しい”や”変化”が口グセ

 絶倫に見えて騙された経験がどれほどの女性にあるのか未知数ですが、居酒屋で精力が分かるんですね! っていうか、口グセがそれって、柔軟性以前にミーハーすぎて心配になりそう……。新しい、変化、って自己啓発セミナーに行ってそうで心配です。他にも、幼少時代の話が好きな人は義理堅い、スケジュールを手帳やアプリで管理してる人は誠実、などなど一貫して肩すかしの内容が展開されています。AV女優とイチャコラしてるアイドルの見抜き方、みたいなもっときついギャップのある話を聞かせておくれよ~。

■裏切られるのが好きなんでしょ?

 同じ小特集内の「根拠はないけどなぜか当たる!女たちの経験則。」では、男をさらに決め付け、値踏みしていきます。「唇が薄い男はあえぎ声を出しやすい!」(25歳、美容師)「『俺はゲイに好かれるんだよな』っていう男は大抵つまんない話しかしない」(28歳、マネージャー)「スイーツ好き男は、ロマンティックなセックスができない」(25歳、会社員)「人に自分の意見を押しつけたがる男は低収入」(24歳、自営業)などなど……。

 コメントのみなさん、ストレス溜まってますな~! でも、「男はこうあってほしい」という希望や幻想を抱いているからこそ、こうして失望したり裏切られたように感じているんですよね。期待なんか捨ててしまえば騙されることもないのに、結局は「男ってこうだよね~プンプン」なんて女同士で話すのが楽しいのでしょう。だって誌面からは楽しそうな感じしか漂っていませんもの! 延々とそのループの中でお楽しみください。

■アボカドでも体重計でもなんでもいいよ

 どんなにトバした特集が巻頭にきても揺るぐことのない大黒柱のような連載陣こそが「an・an」の良心なんだと信じて、普段はあまり紹介する機会の少ない連載を改めてみてみましょう。まずは「岡田准一のEXPOSURE」。「Olive」(同)時代から連載している問答無用のジャニ枠です。「長谷川潤の上を向いて笑おう(はあと)」、成宮寛貴「美容力向上委員長やらせて頂きます!」は毎回印象に残らない内容。まだ3回目の「江原啓之の偶然は必然!」は、世の中のあらゆる事象をスピリチュアル的には必然だと語る内容で、すでにネタ枯れ気味。そして、巻末の林真理子の「美女入門」、巻頭の村上春樹「村上ラヂオ」は完全に治外法権! 真理子先生は「ヘルスメーターは生きている、商品によって数字が違うから」と語り、春樹先生は「世の中にはむずかしいことがたくさんあるが、アボカドの熟れ頃を当てることがいちばんむずかしい」と語っています。お金がありすぎると考えることなくなっちゃうのかな? どんな特集もこのお二人の前には茶番にみえる濃厚な文章はまさに大黒柱。

 2011年も「我迷走故に我あり」という「an・an」の孤高な精神が確認できた1冊でした。次号は相葉雅紀が表紙のスマートフォン特集。この期に及んでTwitter入門、そして失恋劇場も用意されている模様。これは、大桃美代子登場の伏線!? そんな気が利いた内容、期待しちゃっていいかしら?
(二宮まい)

『an・an (アン・アン) 2011年 1/5号』

今年も楽しみにしてるよ!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
秘技は神頼みか寝技か!? 夢見る「an・an」読者の”かなわぬ恋”像とは?
「セックス特集なんて、バカだ」、「an・an」に刺さるユーミンの心意気
「500gのステンレスバーベル」で濡れる!? 「an・an」のオーガズム特集

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク