[ジャニーズ・メディアの裏側]

倉本聰と山田太一が奪い合い? 今一番数字を持つ男・二宮和也

ninomiyakazunari06.jpg
「そんなことないですよ、グヘグヘ」
と謙遜する二宮さん

 昨年10月クールで最も視聴率が良かったドラマ『フリーター、家を買う。』(フジテレビ系)に主演した嵐の二宮和也。最終回では19.2%の数字を叩き出し、年間の視聴率ランキングでもベスト10に入る活躍を見せた。映画『GANTZ』の公開を1月29日に控えるなど、2011年も活躍が期待されている俳優のひとりである。

 そんな二宮の俳優としての評価を高めたのが、あの倉本聰と山田太一だというのだ。

「倉本さんの作品には、『優しい時間』(フジテレビ系)で初出演し、『拝啓、父上様』(同)にも出演しています。山田さんの作品には出たことはないのですが、『拝啓、父上様』のチーフ演出が山田さんの娘・宮本理江子さんだったんです。ところが、二宮さんはどちらの作品もセリフの言い回しを勝手に変えて演じていたそうなんです」(フジテレビ関係者)

 倉本聰という大物脚本家の台本で、勝手にセリフを変えるなど、若手俳優には絶対と言っていいほどタブーなこと。

「最初は倉本さんも激怒して、ジャニーズ事務所に二宮さんを降ろすように動いたそうです。ところが、蓋を開けてみたら思いのほか視聴率が良く、倉本さんもプロデューサーに電話をして『二宮に演技、良かったって伝えてくれ』って連絡したそうです。それはドラマ関係者では伝説になってますよ。聞くと、彼はどの作品でも自分の言いやすいようにセリフを変えてるそうですよ」(ドラマプロデューサー)

 その話を聞いた、倉本の長年のライバル山田太一にも、

「二宮和也という俳優を一度使ってみたい」

 と言わしめ、娘が倉本作品の『拝啓、父上様』で演出をするときも羨ましがっていたと言うから驚きだ。

「彼のすごいところは、そうやって年上の人に気に入られるところなんです。クリント・イーストウッド監督も彼がお気に入りですしね。今までドラマのキャスティングを考えるときはSMAPを中心に考えてきましたが、今後は二宮さんがドラマ界を引っ張っていくんじゃないでしょうか」(前同)

 既報の通り、昨年のジャニタレ主演ドラマ視聴率ランキングでは木村拓哉を抑えて、堂々の1位を獲得した二宮。今年もこの勢いが保たれるのか、注目したい。

『ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~』

三十路まであと数年……

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
「こりゃーだめ人間だ」と原作者も絶賛! 二宮和也主演ドラマが好発進
密会報道の二宮和也、お笑い芸人との飲み会でトークを磨いていた!?
人気絶頂もスキャンダル続発 嵐にとって2010年は飛躍の年だったのか!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク