[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育てコラム

楽しい家族旅行で起きた、リアル『エクソシスト』の悲劇

kosodateillust51.jpg
(C)倉田真由美

 先日、那須高原に行ってきました。旅行雑誌の「家族で泊まれる宿」という特集で、赤ん坊の遊び場も離乳食もあると紹介されていたペンションがあり、オレも妻くらたまも那須高原に行ったことがなかったので、即決です。1週間前に電話で予約入れたら余裕で取れましたよ。

 当日は午前中に近所の児童館で、子ども祭りなるイベントがあるということで、ココを連れて行ってきました。しかし、小学生たちがお菓子を売ったり、太鼓叩いたりするイベントで、ココが楽しむのはまだ早いってことが分かり、早々に退散。那須高原に向けて出発しました。

 今回も移動は電車です。渋谷から湘南新宿ラインで大宮に行き、大宮から新幹線で那須高原まで約1時間で到着! その後バスで30分ほどかけて目的地に着いたんですが、めちゃめちゃ寒い! 東京から2時間ほどだから、気温もそんなに変わらないだろうと思って、全く厚着してなかったんですよ! で、バス停からペンションのオーナーに電話して迎えに来てもらうことに。何もない路上でココを抱えて妻と一緒に「寒すぎる!」と騒ぎながらウロウロしてたんですが、オーナーがなかなか来ないんですよ。10分ほど待っていたら、ようやくオーナーが来ました。気温はマイナス1度というじゃないですか。マイナス1度の中で10分も立ってるのはキツいっすよ! 頼むよオーナー!

 そんなこんなで、ペンションにチェックイン! あまりにも寒いためか、宿泊客はオレらの他に1組のみ! それでもココと同じくらいの年齢の赤ん坊がいたので、ココと一緒に遊ばせました。遊び場には積み木やらアンパンマンのおもちゃが山ほどあったので、ココたちは大喜びで遊びまくってましたね。その間、オレと妻は漫画を読みまくりです。ここのペンションの売りは漫画なんですよ! 漫画は1,000冊くらいはあったかな。夕飯食べてからもずっと二人で漫画を読んでました。で、風呂に入ってしばらく部屋でココと遊んで、10時くらいに寝かせようとしたのですが、興奮してるのかココは寝る気配なし! 12時にはさすがに寝かせましたけどね。

 ココが寝てからもオレと妻は深夜2時くらいまで漫画を読みまくり。翌朝8時にフロントから朝食の呼び出し電話で飛び起きたんですが、ココは爆睡してるので、妻と2人で朝メシを食べました。なので、ココ用の離乳食は部屋に持って行くことに。

 部屋に戻ってもココは全く起きないので、そのままにしてオレと妻はチェックアウトまでまた漫画を読んでました。10時ギリギリでココが起きたので、ヨーグルトだけ食べさせチェックアウト。

 オーナーにりんどう湖ファミリー牧場に行く予定を伝えると、車で送ってもらえることになりました。優しいオーナーです。が! 車で移動中、ココが突然ゲロ吐きまくる! しかも妻が抱いてたんだけど、ココはダラーと吐くんじゃなく、ゲー! と白い液体を水鉄砲のように吐いたんですよ。マジでリアル『エクソシスト』! 悪魔がとり憑いたのかと思いましたよ! ちなみに白い液体はヨーグルトです。車のシートにも思いっきりゲロがかかったので、オーナーにバレないようにタオルで拭いたんですが、ぜんぜん落ちません。かなりヒンシュクだったよなあ。

 りんどう湖ファミリー牧場は、寒いせいかお客さんがほとんどいなかったですね。めちゃめちゃ広い牧場なんだけど、客は20人くらいだったかな。ぶっちゃけスタッフの数の方が多かったね。牧場ということもあって、ヤギとかウサギなどいろいろな動物がいて、ココはエサをあげたり。寒かったけど、ココも楽しかったみたいです。しかし、湖にいるコイにエサあげてたら200匹くらい大量に集まってきてココが怖がって号泣! あまりにも寒いので1時間ほどで切り上げました。その後はタクシーで自然食系のバイキングに行き、死ぬほど食べて東京に戻った。今回の旅行で分かったこと! 冬は寒いので屋内で遊べる施設があるところに行くに限る、ということです。というか、もっと下調べすればよかったっていう話ですけどね!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク