[連載]タテロール高柳の「オンナの独り遊び」番外編

流し目7段活用!? 迷える女を救う「大人の色気セミナー」に潜入

 すっかり大人になったのに、なんでワタシにはいつまで経っても真実の愛に出会えないのかしら。きっとワタシに足りないのは色気だけ。いまさら色気について人に聞くのも恥ずかしいけど、「大人の色気セミナー」という私にぴったりの講座を発見したから、今日はこっそり体験してみちゃうわ。

 セミナーの先生は、おかざきなな先生。とっても美人で、若い頃はタレントさんだったらしいのよ。授業が始まる前から、生徒たちの熱気はむんむん。「クリスマスデートは?」「彼氏はできた?」なんて今週あった殿方との素晴らしいできごとを報告しあってるわ! みんなボディラインがぴったり出た大胆なドレスを着てる。ここぞとばかりに、Tバックでスケスケドレス&大胆スリットのお姉さまもいるわ! なるほど、女を忘れないように、女らしいセクシードレスを着用するのが基本なのね。30代でも40代でも60代でも女を忘れちゃいけないわ。なな先生によると、生徒さんは仕事をバリバリ頑張って恋愛が疎かになっていたキャリアウーマンが多いんだって。岡山とか関西方面からもわざわざ通う方もいるのよ。

■62歳でも30歳男性とデートができるようになる!?

 なな先生曰く、「男の人はとにかくほめて、甘えろ」が基本。先生の「女は楽してチャラチャラ生きる」のがポリシーなんてワタシと同じだわ~。でもワタシよりもっと実践を積んでいるなな先生。男の人の力を借りると、1の努力が10倍になるんだって! ぜんぶ男に任せれば良いわけね。ワタシって今まで無駄な努力をしてきたのかもしれないわ。なな先生、ありがとう! これでひとつ、ラクに生きるコツを学んだわ!!

otonanoiroke02.jpg

 まずは「体験シェア」という項目からスタート。前回の授業から今回までの間に起こった出来事をひとりひとり発表して、その経験をみんなでシェアするという内容よ。「ルームセラピーで男性の気配を感じると言われた」という生徒さんは、お部屋を風水の先生に診断してもらって改造したんだって。男の人の気配を感じるってことは、もうすぐ殿方が現れるってこと? うらやましいわ~。「透視のできる友人に、美魔女コンテストに出るように薦められた」という生徒さん、「30歳の男性とデートの約束をとりつけた」という62歳と半年の生徒さんなどなど、皆さん色気の放出具合がハンパない様子だわ。

 続いては実践レッスン! 「恋愛プロデュース」という項目で、先生が男の人を喜ばせる5つのキーワードを教えてくれたわ。

「こんなの初めて!」「すごーい!」「そんなに頑張ってるんだ~!」「楽しかった!」「嬉しかった!」

 この言葉が大事なんだって。とにかく男の人には優しく、そして励まして、喜ばせてあげることが肝心! この言葉が操れるようになればどんな男でもコロリと手懐けられるんだそう。すご~い、こんなの初めて!

 次は、男の人をデートに誘うレッスン。とにかく殿方が「冗談なのかな?」と思うほど軽~く誘うのがコツみたい。「こんにちは、行きたいレストランがあるんだけど一緒にいかない?」「一緒に行ったら楽しいかなって思って」ってサラッと言うのがポイントよ。オンナはどんな場面であっても重くならないことが大事で、軽ければ軽いほどいいって先生が言ってたわ。

■教室中に響く嬌声「すご~い」「甘えたいの~」

 そして続いては、デートの帰り道に手をつなぐレッスン。「ねぇねぇ、甘えたいの~」「手を繋ぎたくなっちゃった~」と相手の手を取るのよ。手を繋ぎながら、「今日は楽しかった」「ありがとう」「優しいね」と必殺の言葉を繰り出しながら、手のひらをギュッとしたりして刺激を与えるのよ。ちゃんと身につくように、生徒が二人組になって実践練習もするの。教室の至るところで、「甘えたいの~」「すご~い」なんてあま~い声が響いているわ。

otonairoke.jpg
(左)手のひらを刺激して甘い言葉をささやきながら、二の腕を密着させるの!
(右)駅に着いたら自ら彼を抱きしめにいくのよ!

 帰り道も重要なの! 駅までの道が暗く、でもムードの良いところを戦略的に選んでいくと良いそうよ。……ふふふ、こんなことを企まれてるなんて思ってもないでしょうね。男の人って単純。そしてこれが決め技! すべての男の人の心をつかむには、ナースのように振る舞うことなんですって。先生の言う「ナースセラピー」理論では、視覚触覚聴覚に訴えるように、「にっこり笑ってみせる」(ダイヤモンドスマイル)、「言葉で楽しいこと、癒し系なことをささやく」、「触覚を刺激するように手を握る」、この3つのテクを駆使するのが効果的。……初めて知ったわ、さすが、なな先生ね! そして、駅での別れ際には、「エマニュエルスマイル」を発揮。思わせぶりに見つめて、目を逸らさずに去っていくのよ。ステキ! まるで映画のヒロインみたいだわ~。

otonanoiroke03.jpg
目線の動かし方をレクチャーしてくれてるわ。流し目を制する者は恋愛を制するの!

 最後のレッスンは「流し目7段活用」よ! 殿方とアイコンタクトをしながら、すっと流し目をするのがセクシーなの。まずは流し目のステップ1。姿勢を正して視線を落とし首だけ回して、右横にいる男性を見つめるのよ。次のステップ2は、1に「瞬き」をプラス。視線を落として、目を上げる瞬間にまぶたを閉じて瞬きをして見つめちゃうわ。ステップ3は、さらに瞬きプラスにっこりダイヤモンドスマイル。ステップ4は、横でなく背ろ斜め横の殿方を上目遣いに見つめるわ。ステップ5は、瞬きを2回。顔を下ろすときに1回、さらに振り向いて相手を見る直前に1回。ああ~、難しいわ! でも流し目修行は、まだまだ続くの! ステップ6は、目線でUの字を描くようにして相手の目を見るのよ。だんだん難しくなるわ~。フィニッシュの7は、カウンターの遠くにいる相手に送るやり方よ。くるりと振り向いてちょっとオーバーに流し目するのよ!!

 先生はさすがお上手ね。ワタシも練習するわ。……アタタ、7つも練習したら、く、くびが、つっちゃった。普段使わない筋肉を使っちゃったのね。流し目するのに修行が必要だとは思わなかったわ……。会社でもっと実践つまないと。練習の間に会社のいろんな男の人を手玉にとちゃいそう。ああ、これでワタシも会社で、今年はモテモテだわ~。
(タテロール高柳)

okazakinana_edited-1.jpg
おかざきなな先生

■大人の色気セミナー
入門講座、1dayコース、マスタースクール(半年)の3つのコースで色気を習得。プロデューサーのおかざきななさんは18歳で女優デビュー、20代でプロダクションを設立し、市川由衣他100名以上の新人をデビューさせた実績を持つ。著書に『魅力の法則』(こう書房)2月には講談社より新刊発売予定。
公式サイト
おかざきなな公式ブログ

タテロール高柳(たてろーる・たかやなぎ)
妄想ライター兼OL。一般企業でデスクワークに励みつつ妄想を世間にだだ漏れ中。遊び友達、飲み友達、習い事もしないが自分磨きには余念がない。しかし愛しのダーリンはいまだ現れず。心の友は勝間和代。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
他力本願で運命の出会い!? 驚異のカップル成立率の『占い合コン』に潜入
モテテク&アイテムフル装備! お見合いパーティーでモテ検証
アラサー女子二名が検証! 水谷舞のようにモテるようになるのか!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  12. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに