芸能レポーター・石川敏男の芸能ヒミツ便り

聖子のときと似ている? 神田正輝&長谷川理恵の熱愛発覚!

riehasegawa blog.jpg
長谷川理恵公式ブログより

 ボス・石原裕次郎さんが眠る神奈川・鶴見の総持寺で、今年の節分に俳優・神田正輝(59)が言った「そろそろいい人いないかな。婚活して10数年経ちますから」を思い出した。

 神田に22歳年下の恋人ができたことが発覚した。お相手はタレントの長谷川理恵(37)。出会いは、今年5月、神田が司会をするテレビ朝日系の旅番組『朝だ!生です旅サラダ』に長谷川が出演したことだった。「野菜ソムリエ」の資格を持つ長谷川がイタリアのナポリ、アマルフィをリポートする内容で、二週続けて出演した長谷川と神田は意気投合、視聴者にも一週目よりも二週目の方が二人の距離が詰まっていたように見えたという。

 歌手の松田聖子(48)と離婚して13年、ゴルフ仲間の銀座の高級クラブのママや女優・池上季実子(51)らとの熱愛を囁かれた神田だったが、結婚にまでには至らなかった。一方、長谷川も歌手の西城秀樹や”結婚間近”といわれた石田純一(56)との恋愛・破局。5年前には、6歳年下の恋人、プロサーファー・Sさん(享年25)を水難事故で亡くしてしまう不幸もあった。彼の葬儀で、長谷川の姿は親族席にあったと聞く。そして、大人同士の運命的な出会いが訪れた。ゴルフの神田、ランナーの長谷川。ともにスポーツ好きなことも急速に親密になっていった原因だったようだ。

 6月ごろには、神田が通う飲食店でのデート現場や神田のマンションに出入りする長谷川の姿も度々目撃されるようになっていった。それだけオープンな交際に発展していたのだ。

「プライベートを話すタイプではなく、報告は受けていない。彼は優しいからね。大人同士の付き合いですよ。でも、彼は結婚を考えてないと思いますよ。だって60歳ですよ」(神田の所属事務所)

 結婚に否定的な神田サイドだが、長谷川の事務所は「仲良くさせていただいています。年齢も年齢なので、幸せになってもらいたい」と、むしろ交際を応援している。「とても良い人」と、報告を受けているからだろう。

「神田の事務所は結婚を否定していますが、結婚はあると思いますよ。二人の結びつきの速度が、正輝・聖子のときと似ているもの。電撃入籍もある」(神田を良く知る広告代理店スタッフ)

 12月1日に37歳の誕生日を迎えた長谷川。仲間に祝ってもらった喜びを「37歳挑戦していくよ」「中身の濃い37歳にして行こうと思います」と、ブログで綴っている。「一日前に神田と祝った」という未確認情報もある。共演して出逢い意気投合、即、交際が始まって熱愛に発展。たしかに恋愛のスピードは早い。ゴールインなるか見守りたい。

石川敏男(いしかわ・としお)
昭和21年11月10日生まれ。東京都出身。『ザ・ワイド』(日本テレビ系)の芸能デスク兼芸能リポーターとして活躍、現在は読売テレビ『す・またん』に出演中。 松竹宣伝部、『女性セブン』(小学館)『週刊女性』(主婦と生活社)の芸能記者から芸能レポーターへと転身。
公式サイト

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー