[連載]みかのはらミキ presents ご長寿番組潜入記

ジャニーズ枠を巡って客も一喜一憂? 『世界まるみえ』に潜入

marumie.jpg
(C)みかのはらみき

 『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)を今回は観覧してきた。この12月で丸20年を迎えたご長寿番組中のご長寿だ。世界の面白映像やハプニングVTRなど、なかなかお目にかかれない映像が見られることで人気だが、裏番組がフジテレビ系『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』のため、近年は若者の『世界まるみえ』離れが気になるところではある。

 観覧の客層は20代女性がほとんどで、若く活気がある! 前説に出てきた番組ADに対しても反応がよく、やる気のある観覧者たちだ。そして、いよいよ本番前。司会の所ジョージと西尾由佳理アナが登場。続いて、ゲストの石川梨華、『ズームイン』のお天気お姉さん・宇井愛美、少年隊・植草克秀、オードリーが観客席の間を縫って登場した! オードリー・春日はゆっくりと胸を張ってスタジオに入ってきた。カメラが回っていなくても、キャラを守っている姿勢がうれしいではないか。なにより、「売れてる」感のある人が入ってくるとスタジオが華やぐ。

そして、番組が始まりカメラが回り出したら主役・ビートたけしの登場だ!! 番組で最高に盛り上がるところだ。実際にたけしを見ての気持ちは、「これは誰かのモノマネじゃなくて本物なんだ!」。本物だから当たり前だが、コージー冨田や松村邦洋がモノマネするお手本通りのたけしな感じ。あまりにも「完成されたイメージ通りのたけし」だ。本物のたけしを見て私も夢ゴコチだったが…… あれ? 何かモノ足りない気が……。

 あ、楠田枝里子がいない!!

 そう、そう言えばちょうど一年前にレギュラーを降りたんだった。てっきり、たけし・所さん・楠田枝里子の三つ巴大物会話が見られるものと思っていた。楠田の後任にあたる日テレの西尾アナはソツがなく仕切りも上手だが、やはり存在感、顔ヂカラ、パッションにおいてまだまだ楠田レベルに達していない。楠田がいた当時の『まるみえ』を知ってしまっている世代には物足りなさが残る。やはり、ご長寿番組は途中でキャスト変更をしてはいけないのだ。

 収録はVTRを見つつ、合間にスタジオでトーク、ミニクイズやミニゲームが入って進んでいく。見所はたけしと所さん、仲良しおじさん二人組の自由なやりとりだ。「団鬼六の亀甲縛り」「小倉って書いとけばいいんだよ頭に。のせてるか……」など誰もツッコめないことを隙あらばチョイチョイつぶやくたけし。所さんだけがさらっと拾い、流していく感じが楽しそうだ。たけしを生かすにはやはり所さんが不可欠なのである。今後もたけしにはのびのびとと、放送コードスレスレのことを言っていてほしいと切に願う。

 さて、『世界まるみえ』のスタジオにはジャニーズ枠の椅子がひとつ用意されている。東山紀之とNEWSの出演が多く、露出の少ないメンバーのファンからは重宝がられていると聞く。前説でも観覧の女の子が、「NEWSのメンバーを見に来ました♪」と言っていた。……残念。少年隊のメンバーでした……。

 カッちゃんこと植草克秀である。

 ここ最近、痩せたことで男ぶりが上がったカッちゃん。私などは本物を見れてうれしかったが、今回の収録ではほぼ見せ場はなかった。観覧者からもカメラからも置き去りにされている感のあるカッちゃん。「私くらいは見てあげなくては!」という使命感で彼を観察していた。収録の合間、所さんとたけしは撮影中とほとんど変わらないテンションで楽しげに会話をしている。ふたりとも大ベテランで知識が広く、感覚も若いので横に座っている石川梨華や西尾アナも話を聞きながら楽しそうだ。

 一方、カッちゃんはテーブルの端というポジションからも話の輪に入りづらそうだ。芸歴でいえば出演者の中では3番目だ。ギャラも3番目に多く貰っているはずである。だが、普段はあまり露出がない。そんな中途半端な大物なので周りも微妙に気を遣ってしまう様子だ。そんな周囲の気持ちを察してしまうカッちゃんは、意外とナイーブだ。

 収録の合間はスタジオに1980年代の洋楽が流れている。ハッ、この曲は……。かつて少年隊、しかもカッちゃんの大ファンであった友人に聞いたあることを思い出した。

「カッちゃんが好きって言ってたからABBAのCD買ったんだ!」

 カッちゃん……! ABBAだよ! ダンシングクイーンだよ! 私の心の呼びかけも虚しくカッちゃんはABBAに無反応だった。『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)の長台詞で頭がイッパイだったのだろうか。それとも普通のコメントしか返せなかったトークの反省? 

 カッちゃんよ、ちっさいことは気にすんな、う~ワカチコワカチ…(自粛)

観覧方法:以前はハガキによる観覧募集を行っていたが、現在は番組観覧を斡旋している会社に個人で登録しての方法になる。
客層:20~30代女性が9割
収容人数:およそ50名
特典:とくにナシ

【まるみえにはあんまり関係ないけど見逃せない情報】
・前説で登場した若い男性ADが「僕、一カ月前からこの仕事始めたんですよ。たけしさんが好きで、憧れてたので、今ここに自分が立っているのが不思議で……少しのきっかけでこうなれるってこと……言いたかったんです」と突然独白を始め、スタジオが微妙な空気に。

みかのはらミキ
漫画イラストレーター。1980~90年代好きで、有名人を「やや~最大に美化」して描くのが持ち味。「星ぽえ夢」スタッフとしては雑誌イラストや携帯コンテンツなどでも活動中。芸能愛に溢れるブログも絶賛更新中。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
観覧中に寝る客も!? 『スタジオパークからこんにちは』番組潜入
ご長寿番組に訪れた激震の瞬間! 『東京フレンドパーク2』潜入レポート
幹久、さだまさし、葉加瀬太郎を”発掘した”『スタパ』の実力
目撃、アッコの絶対君主制度! 『アッコにおまかせ!』潜入レポート

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!