[TVツッコミ道場・番外編]

「あだ名」から「的確過ぎる毒舌」に! 有吉弘行という才能は来年も続く?

ariyoshi.jpg
『オレは絶対性格悪くない! 』有吉弘行
/太田出版

――今年もテレビ番組では多くのスターが生まれたり、事件が起こったり、視聴者を引き付けてくれました。2010年のテレビ業界における隆起現象を、サイゾーウーマンが誇るテレビウォッチャー・太田サトル&田幸和歌子が振り返ります。1回目のテーマは、ズバリ「有吉弘行」です!

田幸和歌子(以下「田」) 2010年は、有吉弘行が新しいポジションに突入したのかな、という印象があるんだけど、どうでしょう?

太田サトル(以下「太」) 『アメトーーク』(テレビ朝日系)で品川祐のことを”おしゃべりクソ野郎”と言った、有吉言うところの「おしゃクソ事変」がいつだっけ……2007年! もう3年も経つみたい。

 自分のことを一発屋から進化した「二発屋」とか自虐的に言ってたりもするけど、3年経つ今も、テレビに出まくってる。

 10年のテレビ番組出演本数ランキングでは9位に入ってるしね

 08、09年あたりは、今のねづっちの”なぞかけ”状態というか、出る番組で一通り「あだ名つけてみてください」と、一人大喜利みたいになっていることが多かったけど、あだ名芸をする人から、一人前の毒舌タレント(笑)に使われ方も変化したような気が。

 ベッキーへの”元気の押し売り”とか、和田アキ子の”リズム&暴力”とか、名作も多く生まれました。一時期は、ときどき画面からもすごく何かにイラついてるような空気が感じられて、嫌われて消えてもいいとか思ってないかな、と感じられたこともあったんだけどね。

 今は『有吉AKB共和国』(TBS系)とか、冠番組も持つようになったり、すっかり安定感も漂う。その一方で、いろんな番組で、この有吉の切れ味にゆだねまくってそうな番組が多かった気がするのが2010年の有吉なのかな。

 いてくれさえすればなんとでも面白くしてくれるということで、使う側がすごく楽というのもあるんだろうけれど、顔ぶれ見ただけで「ブラマヨ頼み」「ザキヤマ頼み」「有吉頼み」だなという番組、多かった。

 定番番組でも、有吉という劇薬を投入することが新たな刺激になって、延命措置のように見えることもある。

 なかでも一番「有吉頼み」感を強く感じたのが、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)かな。

 「有吉先生の進路相談」ね。有吉の的確すぎる毒舌が最大限に活かされてて、すごく面白かった。熊田曜子に「女はみんな、お前のことをダサいと思ってる」とか、夏川純の「代表作は年齢詐称」とか、次から次へと本当にスゴかった。

 上原美優にも「噛み付きゃいいってもんじゃない」と言ったりね。みんなが何となく感じているフワッとした思いを、ハッキリと言語化してくれる気持ちよさ。あだ名を付けるだけの段階からさらに進化してて、アウトにならないギリギリのところまでの踏み込みの見極めが、ものすごいところまできている気はするね。

 興味のない人へのあだ名が単に目についた「帽子」(スザンヌ)だったりとか、やる気ゼロのことがあったり、もともと特にグラビアアイドルには何の興味もないと公言していたのにこれだけ的確な評価ができるのって、ものすごくその人のことを調べてたりするんだろうな、というのはあるかな。脊髄反射的な悪口じゃないし。努力家な気がする。

 ロンハーのこの企画、年末スペシャルでも目玉企画のひとつになってるけど、それでいいのか、という気もちょっとあるんだけど。

 ロンブー淳が有吉の暴言とのバランスをとる役になっちゃうというか、「そんなことないんじゃないですか」とか、この企画のときには単にいい人になってることがあるしね。

 格付けのときとかの、空気をあおる淳の上手さが殺されちゃうしね。

 「有吉頼み」を使うことで、その瞬間は輝くけど、実は何かの寿命を縮めていることもあるかもね。

 「禁断のツボ」的な(笑)。

 それでも面白さを求めたいから、2011年もまだ続きそう、『禁断のツボ・有吉』。

『オレは絶対性格悪くない!』

性格悪いは褒め言葉だよ?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
有吉を脅迫し、ムカデをバリバリ……妖力を持ち始めた(?)黒柳徹子
“おしゃくそ”品川に「僕のこと嫌いですよね?」と言わせたNHK
転がり落ち続ける上原美優の行く先は……?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  15. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  16. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  17. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  18. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. GENKING、元カレ質問で大失態

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー