噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第57回】

水嶋ヒロ流の寄付? 集中豪雨の被災地に届いたポプラ社の本3,044冊

shuukanjose0101.jpg
「週刊女性」1月1日号(主婦と生
活社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の”欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

第57回(12/9~12/14発売号より)

 先週、海老蔵事件の現場となったビルに取材に行った。問題のお店はクローズしてたので、他階のバーだ。もちろんその店も会員制だから、会員の知り合いに連れて行ってもらった。新宿中心の生活をしている私にとって、未知との遭遇であった。

1位「水嶋ヒロ 500万円寄付は『ありがた迷惑』」(「週刊女性」1月1日号)
2位「『波長の法則が事件を呼んだ――』江原啓之さん”オーラ”の再提言!」(「女性自身」12月28日号)
3位「『京料理』名料亭に”反省なき”電話……『病室に弁当3つ、至急な!』」(「女性自身」12月28日号)

 水嶋ヒロの”小説”ネタは、どうしても気になってしまう。出版前から予約が40万部突破。出版不況の中、信じられない数字だ。しかも出版前から、雑誌「SWITCH」(スイッチ・パブリッシング)のデジタルコンテンツで、”作家”としてインタビューにも応じている。

 さらに驚いたのが12月12日に放映された『ボクらの時代』(フジテレビ系)だ。売れっ子作家の宮部みゆき、大御所作家の五木寛之、そして大物ハードボイルド作家の北方謙三の3者の鼎談番組だったが、ここでも水嶋ヒロの話題が取り上げられていたのだから。

 「我々が選考委員を務める文芸賞に、応募してくれれば」だって(苦笑)。大物作家たちの余裕のリアクションでもあった。

 とはいえ、版元のポプラ社の戦略は大成功である。それでもって賞金2,000万円を辞退した水嶋が、辞退したはずの賞金のうち、500万円をなぜか大雨被害の奄美大島へ寄付したことも話題になっている。そこに突っ込みを入れたのが「週女」。

 水嶋が寄付したのかとの質問に、ポプラ社広報は「知らない」。寄付担当者は「いない」との木で鼻を括ったような”迷回答”を引き出しただけでも面白い。

 さらに奄美大島にも直撃。段ボール85箱3,044冊もの本が、何の連絡もなく贈られてきたこと、全てがポプラ社の本だったこと、電話も道路も復旧途中で(奄美大島は)本どころではないことなど、宣伝に使われて「ありがた迷惑」であることをレポートしているのだ。望んでもいないものを自己チューで寄付し、アピールする。奄美大島のことなど考えていないことは、”全てポプラ社の本”というところに如実に現れていると思う。どこぞの国の政府開発援助(ODA)とそっくりな構図だ。

 化けの皮剥がれたり――でも、こんな話題を本欄で取り上げるのも、奴らの戦略に嵌まってしまっているのかもしれないが。だから『KAGEROU』は買わない。でも読まないと批評もできないから、誰かに借りて読むつもりだ。

 この1週間は海老蔵の記者会見、暴行の容疑者の出頭と、大きな展開があった海老蔵暴行事件。各スポーツ紙、週刊誌もこれを大きく扱う中、どうしても”事件や背後関係”への取材力が劣って見えてしまうのが女性週刊誌だ。

 そんな中、決して”本道”とは言えないが、女性週刊誌ならではのカウンター企画を掲載しているのが「自身」だ。事件を「スピリチュアル」と「江原啓之」で読み解く――女性読者の好みを熟知する、女性週刊誌ならではの目の付け所、さすがである。

 スピリチュアル・カウンセラーとして名高い江原は、2年前放映された『オーラの泉』(テレビ朝日系)に海老蔵が出演した際、「舞台以外のことで事故・ケガに注意」と警告したという。確かに、今回の事件を暗示している言葉である。

 さらに「自身」は海老蔵事件について江原にインタビュー、「本人が変わるしか道はない」「類は友を呼ぶ」と断酒を提言させ、「意識を切り替えて、さらなる努力を」と語らせているのだ。って、誰でも思ってることだけど。しかし江原の口から出た言葉だからこそ、ありがたい。まともなジャーナリズムでは、できない切り口だ。女性週刊誌のすごさを感じた。

 もう一発、「自身」の海老蔵記事を取り上げたい。入院3日目の海老蔵に、有名料亭から弁当が届けられた。海老蔵本人からの注文だった。だが、料亭は定休日で仕出しはやっていない。一度は断ったが、海老蔵は料亭を恫喝し、弁当3つを宅配させた。こちらは、どこにも書かれていない”独占記事”だ。しかも海老蔵の発言は生々しい。

「病室に弁当3つ、至急な!」
「俺を誰だと思ってるんだ!」

 海老蔵が「いかにもやりそうな」言動だ。だからこそ、なんだか嘘くさい。今、海老蔵ネタは書き放題だ。メディアスクラム的様相も呈している。被害者・加害者の情報合戦も未だ盛んだ。機会を見て、検証したい。

『KAGEROU』

在庫処理だよね?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
水嶋ヒロ受賞で明るみになった、ポプラ社の”ある事情”
“うるさ方”研音を敵に回した水嶋ヒロの決意と、処女作の怪情報
暴走族にヤキを入れられてボコボコに……海老蔵の顔はどうなる?

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決