[連載]安彦麻理絵のブスと女と人生と

とんこつラーメンには「美STORY」。安彦を惑わす「40女の発酵臭」

abikomarie101126.jpg
(C)安彦麻理絵

 昼、一人でとんこつラーメン(特製ねぎとんこつ)を食べた後、ふらりと駅前の本屋へ。数ある雑誌の中から、真っ先に手に取って立ち読みしたもの、それは「美STORY」(光文社)。

 毎号、女の発酵臭がムンムンしてる記事が満載で、素通りしようにも臭いに誘われ、つい手に取ってしまう、時にはうっかり買ってしまう……(買ってる時はけっこう苦渋な顔してたりする)。そんな40代向け女性誌に杉田かおるのセクシーショットが掲載されてた。

 「妖しい黒レースのTバック」をはきこんでケツと背中を大胆にさらした奇跡の……てゆうか仰天のワンショット。一体誰向けの写真なんだよ。これ見て「杉田かおるも、まだまだここまで頑張ってるんだから、あたしも頑張んなくちゃ!!」ってコブシ握りしめる40女っているのか?

 でもまぁ、最近オーガニックに目覚めてたはずの杉田かおる、ナチュラルライフを営んでても、女の臭み(くさみ)は温存してるあたりがさすが、である。「美STORY」向けの人材と言える。同じ40代向け女性誌、宝島社の「GLOW」だったらこんな「杉田かおるのTバックケツ出しショット」は絶対掲載されないんだろう。もし掲載されるとしたら……

「オーガニックコットンのパンツをはいた、カヒミ・カリィのおしゃれセミヌード」

 とかになるんだろうか? ……「GLOW」、一瞬買ってみようかな、と思ったけど結局買わなかった。なぜかと言えば。ええ、雑誌から「40女の発酵臭」がしなかったから。男も女も腐りかけが一番うまいのよ。一人でとんこつラーメン食べた後の、40女の食後に丁度いい雑誌、それが「美STORY」。

 先日、うちの夫が「美STORY」を読んで「なんかプロレス雑誌みたいだね」と言っていた。多分、褒め言葉……だと思う。

『おんなのこの正体』

GLOWさん、いっちょカマしてみない?

amazon_associate_logo.jpg

【バックナンバー】
生理前の女はブスメシを求める! 安彦麻理絵が発情したブスメシとは
「……手つないでいいか?」疲れ切った女たちを癒す”ブスゲー” 
200年前の死体がまみれていた泥にウットリ……。美容に骨抜きにされた女

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク