しいちゃんの芸能解説講座【裏】

水嶋ヒロ、小説大賞を受賞! 囁かれるデキレース疑惑を検証


イケメンってこんなに人生うまく
いくんだ~

編集S 水嶋ヒロが処女小説『KAGEROU』でポプラ社小説大賞を受賞、賞金の2,000万円は辞退だって。カッコよすぎじゃない? その眩し過ぎる「水嶋ヒロの人生」を連載にしてほしいわ。アタシの酒のつまみにするよ、「こ~んな男いないっつうの!」って言いながら呑む日本酒、うまいだろうな~。

しいちゃん でも、もうすっかりネット上では「デキレース」と言われちゃってるわね。報道によれば、作品は「水嶋ヒロ」という芸名や略歴は伏せて、ペンネーム・齋藤智、本名・齋藤智裕で応募。出版社側は最終選考の後、顔合わせをするまで、受賞者が水嶋ヒロ知らなかったそうよ。

編集S じゃ、本当に実力で勝ち取ったのね。ヒロ伝説更新じゃん!

しいちゃん でも、おっかしいのよね~。9月の事務所契約解除の時点で、「すでに大手出版社から来年初めにデビュー小説を出すことが内定している」って報じられてたのよね~。知り合いの芸能記者サンも「出版はすでに決定。敏腕編集者がついて作品をブラッシュアップしている段階」とか言っていたのに。あれは何だったのかしら。ポプラ社の応募規定には「入賞者とは専属契約を結ばせていただきます」とあったから、その出版はお流れになっちゃうわね。

編集S その出版予定の作品が今回の受賞作と考えるか、報道が誤報だったかのどちらかね。性善説と性悪説のどちらを信じるか、ふるいにかけられてるみたい。

しいちゃん でもさ、水嶋は9月に研音を退社しているけど、実際はもっと前、絢香の看病に専念すると報じられ、活動を休んでいた今春あたりには退社は決まっていたようだから、水嶋の周りにうろつく金儲けしたい人が根回しする時間はたっぷりあったはず(ニヤリ)。

編集S そんな怪しげな人たちに囲まれてると、水嶋ヒロもすぐに中森明菜の仲間入りよ! あの人たちの生気の吸い取り方、半端じゃないんだからっ。

しいちゃん この賞は社内で選考されるという点もブラックボックスよね~。芥川賞の選考でいつもケチョンケチョンの選評を書いてる石原慎太郎みたいな選考委員がいればどうなってたか。ポプラ社の坂井宏先社長は倉庫係から「オレが社長になって、この会社を変えてやる」と這い上がってきた、かなりユニークな人。「受賞者が水嶋ヒロとは知らなかった」なんて言ってるけどさ……。

編集S 選考委員もエイミー(山田詠美)とか、伊集院静とか、志茂田景樹とか入れなきゃ、味が出ないわよ。そして、落選させて、水嶋ヒロから呪詛状もらうのよ~。そうしたら賞金2,000万円辞退より、よっぽどいいニュースになるわ。

しいちゃん それって、太宰治を芥川賞から落選させた、川端康成ってことじゃない! 賞金辞退がかえって疑惑を濃くした部分もあるのよ。「実力で勝ち取ったのなら正々堂々受け取るべき」という意見や「受け取ってから寄付すべき」という意見も多いの。作家の柴田よしきもtwitterで、「ばかものっ!>水嶋ヒロ なんで辞退なんかすんだもらっとけ賞金っ!!! 作家をナメてるだろーおまえ。いいか、作家てのはものすごーく儲からない仕事なんだぞ、2000万円の印税もらうのにどんだけ大変だかわかってないだろーっ!」と書いてる。本気で作家活動をする気なら、受け取らない理由はないわよね~。

編集S ヨメの絢香には億単位で貯金があるそうじゃない。先週の宇多田ヒカルも「ベストアルバムを買う必要ない」と自分のCDの不買運動をけしかけてたけど、人間、億のカネを持つと余裕が出るものなのよ。アタシらには分からない、雲の上の話。

しいちゃん ま、いろいろ言っちゃったけど、あたちもイケメン至上主義だから、水嶋ヒロを応援してるよ! それより今回の件で一番かわいそうなのは、29日に小説家デビューした太田光ね。「小説家になるのは夢だった」と言っていたのに、水嶋ヒロの件ですっかり霞んじゃった。やっぱりイケメンパワーはすごいわ。小説の出版を楽しみにしてまーす!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク