[ジャニーズ最新言行録]

中居正広を悩ますナゾの奇病? うなじに”ポツポツ”が再発中

nakai1.jpg
頭周辺のお悩みが絶えない中居クン

 現在、来春放送予定のスペシャルドラマ『味いちもんめ』(テレビ朝日系)の収録に臨んでいるSMAP中居正広。1995年、20代前半の中居が初めて主演を果たした記念すべきドラマでもあり「僕の年表を作るとしたら間違いなく太文字になるはず。これをやらなければ次のドラマもなかったと思う」と本人も振り返るほど思い入れの深い作品。当時からの共演者である小林稔侍、柳沢慎吾、樹木希林らと共に「同窓会みたい」な雰囲気の中で、和気あいあいと撮影は進んでいるようだ。

 しかし、そんな日々の中、中居は人知れずある”悩み”を抱えているという。それは……

「俺ね、ドラマやるとできるって言ってたでしょ? それがまたできてんの。これ、なんでだろ?」

 13日放送のラジオ『Some girl’ SMAP』(ニッポン放送)で、こう切り出した中居。目下、彼を悩ませているのはうなじのところにできる”ナゾのポツポツ”である。昨年主演した月9ドラマ『婚カツ!』(フジテレビ系)収録の際にも、この大人ニキビらしきものが大量発生し、元来美肌な彼を悩ませてきたのは既報のとおり。そして、今回もドラマの収録がスタートしたとたん、なぜかこのニキビも1年ぶりに復活したのだという。

「ストレスとか全然ないんだけど……なんでだろう? たまに顔にできたりもするんだけど。寝不足だからかなぁ?」

 と首を傾げる中居。しかし

「『味いち』のスタジオって都内じゃなくて遠いところで撮ってるから、食堂とかなくてデパートの上でご飯食べるんだよね。昼も夜も。ラーメン屋とか、中華とかファミレスとか」
「この間も、1日目ロースかつ定食食って、夜は鉄板のサイコロステーキハンバーグ定食。ご飯2杯食って。次の日はカレーうどん食って夜は中華行こうかとか、そんな毎日だから。だって飯食うことしか楽しみないんだもん」

 と本人も語る”食生活の乱れ”が一番大きな原因のような……。「ドラマに出たら太る」とかねてから自身も断言しているとおり、今夏のコンサートツアーで65キロから56キロ台にまで絞られた体型が、リバウンドする日もそう遠くはないのかも。

 今年8月で38歳の誕生日を迎え、若い頃にはなかったであろうさまざまな体調の変化を感じている様子の中居。しかし、気にはしているものの、健康志向に目覚めるわけでもなく、健康管理に無頓着なのもファンにとっては心配なところ。ドラマ以外にも、特番など年末年始に向けて多忙な日々が予測されるだけに、 体調の管理にはくれぐれも気をつけて欲しいものだ。

『THE SMAP MAGAZINE (マガジンハウスムック)』

皮膚科行こうよ。ね。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
中居正広のソロ曲が収録NG! アノ人にまつわる大人の事情
『うたばん』最終回前夜、感傷的になった中居正広がアノ人に電話!
メタボが原因!? 腰痛症に悩むSMAP中居正広の”あまりに無自覚な”体調管理

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー