• チュープリからクラブ遊び画像まで、激ヤバ画像を一挙公開!! ジャニタレたちの本当の姿
その他

チュープリからクラブ遊び画像まで、激ヤバ画像を一挙公開!! ジャニタレたちの本当の姿

──テレビや雑誌でステキな笑顔を振りまくジャニーズ事務所のアイドルたち。しかし、イケメンな彼らが、モテないわけもなく……。ネット時代を迎え、大量に流出するようになった彼らのプライベート”お遊び”ショットの一部を、こっそりご堪能あれ〜。

1012_bubuka.jpg
流出画像の”第一人者”といえば、「ブブカ」(コ
アマガジン)です。(写真は、「ブブカ スクー
プコレクション vol.02」より)

 今月のニュース記事「AV女優自殺の裏にあった ジャニタレ写真流出という悲劇」を例に挙げるまでもなく、タレントにとって最大の「タブー」ともいえるのが、事務所が認めていないアンオフィシャルな”流出画像”。ラブショットや未成年飲酒など、スキャンダルにつながるものはもちろん、ちょっと”ヤンチャ”なプライベート画像でさえ、一度流出してしまえば、それまでタレントが築き上げてきたイメージを一瞬にして覆してしまうのだから恐ろしい。

「スキャンダル誌に掲載されるような刺激的な画像は、本人に近い人物が金銭目的で出版社へ持ち込むケースがほとんど。それとは別に最近は、ネット上で画像が流出してしまうパターンも多い。コピーも容易なため、事務所もどうにもできない」(芸能プロ関係者)

 それは、泣く子も黙る”タブー芸能プロ”ジャニーズ事務所でさえも同じこと。同プロが抱える数々のアイドルの中でも、ジャニーズJr.を中心とする若年タレントの間で問題となってきたのが、”ラブプリクラ”の流出だ。

「友人らと交換したプリクラが、そのタレントをよく思っていない者のねたみなどから放出されてしまうパターンが多く、シール上に書かれた文字から名前や関係性が特定されてしまうことも。また、プリクラ機はまれに、前に撮った画像が画面上に現れてしまうことがあり、それが第三者によって焼き増しされたり撮影されてしまう場合もありますね。05年に流出したSMAP中居正広とフジテレビ中野美奈子アナのラブプリクラは、そのパターンといわれています」(女性週刊誌ライター)

 こうした流れを受け、1年ほど前からジャニーズ事務所では、タレントたちに対して「プリクラ禁止令」が出されているという。確かに、そもそも撮影しないことこそが、最も確実な防御策といえそうだ。

 また、最近増えているのが、SNSや個人ブログから流出してしまうパターン。

→「プレミアサイゾー」で続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  17. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  18. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  19. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと