[連載]鹿砦社・松岡社長の「暴露の花園♪」第12回

著者とも? 華麗なる男性遍歴を綴った暴露本『川島なお美 偽りの素顔』

kawashimanaomiituwari01.jpg
『川島なお美 偽りの素顔』(鹿砦社)

――『ジャニーズおっかけマップ』『タカラヅカおっかけマップ』や、”松田聖子の愛人ジェフ”による『壊れた愛』など、芸能人の研究本・暴露本など問題作を次々と刊行してきた、鹿砦社・松岡利康社長。”言論の自由”を守るために闘ってきた、社長の壮絶出版人生に迫っちゃうぞ~!

【川島なお美暴露本編】

 数々のタレントを丸裸にしてきた、暴露系出版社の鹿砦社。今回は、以前この連載でお伝えした松田聖子に負けず劣らずのおてんば娘、川島なお美女史のお出ましです。

 川島の最初の所属事務所の社長だった三上喬弘氏による暴露本『川島なお美 偽りの素顔 ―信頼、裏切り、屈辱の13年間―』(鹿砦社)が発売されたのは、1999年のこと。名古屋の裁判官の娘だった川島を引き取り、社長1人にタレント1人のたった2人だけのデビュー当時から、周囲の男たちとの枕事情、売れっ子の階段を上り事務所を裏切るまでが余すことなく書かれています。

 本書には、大学時代に知り合った男性、MASAYA、世良公則、杉真理、尾崎健夫と書ききれないほどの男たちと――ときには同時進行で――”良い時間”を過ごしている様がつづられています。三上氏は、そのたったひとりの大事な自社タレントを見守るスタンスで、「役者に常識などいらない。私生活はどうでもいい。与えられた仕事さえきっちりしてくれれば」とすべてを許容。仕事関係者にしきりに「なお美の味っていい?」と聞かれても、「だめだよ。商品に手を出したら商売になんないからさ。俺、出さないよ」と断固として潔白を主張しています。あくまで、清く、正しく、ビジネスライクな関係を築いていたと思いきや、後半にいくにつれて雲行きは怪しくなってきました。以下のように、三上氏と川島なお美がいわゆる男女の関係にあったことを匂わせる文面がちらほら。

「(略)こう言いながら手を握りしめ、自分のほうに引き寄せると、力を抜いたなお美が私の胸の中に飛び込んできた。初めてであった。窓の外には、ロサンゼルスの青い空が浮かんでいた。自然に唇を合わせた」
「(略)もちろん私となお美は別々の部屋にチェックインした。しかし、寒いということで、『なお美、ちょっとこっちに来て、暖房をあったかくするように英語でしゃべってくれないかな』と部屋に電話すると、なお美が私の部屋にやって来た」

 版元の社長・松岡利康さんに、事の真相をズバリ聞いてみたところ、

「三上喬弘と川島なお美が男女の関係にあったかって? いやー……、それはちょっと僕の口からはなんとも言えないねぇ(笑)フフフ」

 と、煮え切らない回答。

 そして、タレントとして(オンナとしても?)手塩にかけて育てた川島なお美が、いよいよ売れてきて、さあこれから初期投資を回収だというタイミングで、あっさりと移籍されてしまいます。三上氏の手元に残ったのは、2,000万円の借金。事務所には他にタレントはいなかったため、氏は文字通り路頭に迷うことに。

「この本は、三上さんが飼い犬に手を噛まれたといって、ウチに企画を持ち込んできたのよ。三上さんの事務所には、稼ぎ頭がなお美しかいなかったから、ドル箱を失った恨みをぶつけたかったんだろうね」

 とは、鹿砦社・松岡さんの弁。

 しかも、本によると、なお美の数々の男との情事を「タレントの管理」の口実のもとに逐一詳細に報告させていたというから、三上氏ってもしかして結構、細かくて粘着質な性格?

 ちなみに、最後に付け加えておくと、本書の地味な笑いどころは、なお美がタクシーの領収書の「1400円」の「1」を「4」に書き換えて事務所に提出して三上氏を怒らせていた、というエピソード。ちっちゃさ加減は、どっちもどっちだと思うのですけれども。

 この暴露本がスポーツ紙など巻き込む”新たな火種”となるのですが、その詳細は次回に!
(朝井麻由美)

『川島なお美 偽りの素顔―信頼、裏切り、屈辱の13年間』

最愛の”トシ”がなんていうかしら?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
あの自殺未遂騒動や腹違いの弟にまで踏み込んだ、『宮沢りえ 悲劇の真相』
ラブラブ写真や直筆FAXまで! ”ジェフくん”による松田聖子の暴露本とは?
ジャニーズ事務所に押し掛けた……暴露本のドンVSジャニー喜多川の行方は?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!