芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第53回】

shuukanjosei1130.jpg
「週刊女性」11月30日号(主婦と生活社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の"欲望"に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

第53回(11/11~11/16発売号より)

 小栗旬が、先週発売の「フライデー」(講談社)で、ついに浮気の決定的現場を押さえられた。美人タレントと目黒のラブホに。これじゃあ言い逃れできまい。さらに「フライデー」は恋人・山田優と一緒の時を狙って、小栗に直撃取材!! 世間的にはなんともエゲツない行為かもしれないが、芸能記者としては賞賛に値すると思う。

1位「榎本加奈子困惑! 義理の娘が『追い出された』告発」(「女性セブン」11月25日号)
2位「ロケ現場でファン騒然! 櫻井翔『シカト』『暴言』『ツバ吐き』」(「週刊女性」11月30日号)
3位「ロンブー淳 『渡辺淳一先生! セドナで(安室と)ハメをハズしすぎましたかね!?』」(「週刊女性」11月30日号)

 大魔神・佐々木主浩と榎本加奈子の結婚は、当初から「こりゃ大変だ」と誰もが思っただろう。そんな危惧が現実になった。佐々木の長女が、継母である榎本を口汚く罵っているのだ。

 2005年、佐々木と不倫・妊娠の末、略奪婚した榎本。この不倫・離婚劇は当時大きく報道された。榎本が家庭を壊した。いや不倫以前から家庭は崩壊していた。前妻はホストにハマって育児放棄。慰謝料を巡って離婚拒否――などなど。かなりドロ沼だったことがわかるだろう。

 しかも佐々木は前妻との間の子ども2人を引き取った。榎本は25歳で、13歳と11歳の子持ちになった。さらに榎本は2人の実子を授かる。第一子は超未熟児で、育児も大変だった状況となる。それでも結婚当初は、連れ子とは「友達のような関係」とアピールしていたのだが、なさぬ仲の関係は難しい。

 再婚から2年で長女は家を出たらしい。そして18歳になった今、長女は自身のブログで義母への告発を開始する。

「だれのおかげで今の生活があるんだと思ってるんだよ」
「追い出されるなら受け入れなきゃよかった」「(祖母宅へ家出して転校させられたことは)最悪なケース」

 あーせつない。長女から見れば、お父さんとお母さんが双方浮気して、ドロ沼の離婚。すぐに不倫相手の若い女がお母さんに。13歳なら実母が恋しい時期だが、母親には引き取られなかった。新しいお母さんには赤ちゃんが次々と生まれる。華やぐ家庭、疎外される自分。まだ10代なんだから、もっとケアしてやれよ! と叫びたくもなる。

 お父さんが相当しっかり見ていないと。告発されているのは榎本ではない。再婚妻より、10代の子どもだろ。佐々木!!!

 嵐の櫻井翔はイヤな男なのか!? 一部ネットで、「インタビューの際、タバコを吸って態度も悪い」などと書かれた嵐の櫻井翔だが、今週の「週女」ではファンからの告白が掲載されている。「ファンに対し完全にシカト」「ツバやガムを吐きかける」「目ざわりなんだよ、と暴言」などなど。

 でもジャニタレって、皆、礼儀正しいという評判だ。本当に。お偉いさんだけでなく、下っ端のスタッフにもきちんと挨拶する。アイドルなのに周囲に気を遣う。勘違いしない。ジャニーズ事務所の体質はさておき、多くの関係者の評判はいい。あの赤西仁でさえ、「意外にまとも」との声もあるほどだ。

 ジャニーさんからしつけられているのか、はたまた厳しい先輩後輩関係の成果なのか。櫻井クンは例外だとしたら――育ちがよく、頭もよかったため、基本的なしつけをするのを忘れたのか!?

 だが、一方でファンの変化にも驚いた。これまでだったら、この程度の話をわざわざ週刊誌などに告発しないだろう。オリキ(ジャニーズの熱烈な追っかけ)も変化しているのか。

 かつてはオリキが、コンサートや追いかけ現場での規則を決めたり、それを破る(これを「ヤラカシ」という)と制裁行為まで行われていた。週刊誌に告発なんかしたら、犯人探しが行われ、大変なことになる。ある図書館では、週刊誌のジャニーズ批判記事がことごとく破られた、なんて事件もあった(「噂の真相」も破られた)。

 "国民的アイドル"である嵐のファン層は拡大している。だから一般ファンの告発も出てくる。かつてのような統制は、もう無理かも。

 またもや安室奈美恵との破局をネタにしていやがる淳! 「僕はセドナでハメをハズしすぎたから失恋しちゃったんですかね!?」だと。ふざけるな! これは淳がMCを務めるラジオ番組で発した言葉だ。相手ゲストは"性の大家"でもある、作家の渡辺淳一センセイ。テーマは"大人の恋愛について"だって。淳に大人の恋愛を語られたくない。恋愛じゃなく、単なる性欲男だろ!

 「週女」もわざわざ「ハメをハズす」なんてカタカナ使ってるんじゃない! いやらしいだろ。「羽目を外す」か、せめて「ハメを外す」という表記にしてほしかった。渡辺センセイも「大人の恋愛をするには、チークダンスをしなさい」なんて、真面目にアドバイスしてどうするんだ。ロートル炸裂で、笑えたけど。


『嵐と踊ろうコンサート完全必勝ガイド』


傘持って躍ってあげて♪


amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
ジャニーズNG媒体「週刊女性」の後ろ盾となった、「ファンの不満」
小泉今日子、吉野公佳、BONNIE PINK......ジャニタレは年上がお好き!?
やはり女性には冷たい!? 目撃情報で分かった、ジャニーさんの健在ぶり

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます
関連リンク
powered by newziaコネクト

PR

サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップや劣化情報などをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!