• ホメオパシーから引き寄せの法則まで……女性向けビジネスの裏側をのぞいちゃおう!
その他
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内スペシャル

ホメオパシーから引き寄せの法則まで……女性向けビジネスの裏側をのぞいちゃおう!

──話題のあの記事をただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそんなアナタのために、話が100倍(当社比)膨らむ” プレミアム”な記事をサイゾー目線で厳選レビュー! 今回はサイゾーウーマン読者のみなさまに向けて、女性をターゲットにした本音はやばーいビジネス・スペシャルでお届けします!

1011_prejoseishi.jpg

 2007年11月頃から叫ばれ続けている大不況。消費が冷え込みデフレ状態であることはもはや自明の事実で、日本ではいまだ回復の見通しは不透明です。そうした不況感は、リーズナブルな値段での商品展開が人気のユニクロや、「金の蔵」や「鳥貴族」などの低価格の均一系居酒屋が支持されるなど、わたしたちの価値観に大きな影響を与えています。そんな中でも、比較的消費意欲が旺盛といわれているのがF1層(20歳から34歳までの女性)。流行に敏感で自己投資を惜しまないことなどから、女性向けビジネスはこの不況下でも広く展開されているようです。

 本屋をのぞけば、女性誌コーナーには「JJ」や「CanCam」の”赤文字系”の雑誌に加え、「sweet」や「spring」などの”青文字系”雑誌、デコり過ぎて読みにくそうなギャル系雑誌が所狭しと並び、ブランドとのコラボレーション付録+申し訳程度の本というセットのムックも陳列棚の貴重なスペースを我が物顔で占領しています。そんな女性誌を開いてみると、沢尻エリカ様が今や逆効果にしかならないんじゃないかと思いつつも、ホメオパシーの素晴らしさを語っていたり……。ほかにも、美容本コーナーには内容はほとんど同じなのに、タイトルだけが違うダイエット本が並べられるなど、はやりに敏感な女性層を取り込もうとする各社の必死さがひしひしと伝わってきます。

 そこで今回のレベルアップ案内では女性向けビジネスの裏をのぞいてみようと思います。付録付き本でイケイケな宝島社の内情から、辛酸なめ子先生が試してみるスピリチュアルな「引き寄せの法則」、乳児死亡事件で騒がれるホメオパシーの真実──までをご紹介。不況下で際立つ女性ビジネスの裏をちょっとのぞいてみましょう!

きらびやかに見えても裏はハリボテ? 女性向けビジネスの中身とは…… プレミアムな記事紹介はこちら↓

【プレミアムな関連記事】

ジャニーズも戦々恐々!?ドラマや舞台を席巻中のイケメン人気の真相
2009年4月号(プレミアサイゾー)

雰囲気イケメンもたくさんだけどね!

「CanCam」モテ子ネタは断末魔? 女性ファッション誌は大淘汰時代へ
2007年11月16日付(日刊サイゾー)

女性誌なんて「anan」の”セックス特集”の時しか買わない。

雑誌にウェブサービス、学校……”稼ぐギャル””ギャルで稼ぐ”大人たち ギャルビジネス最前線【前編】
2010年6月号(プレミアサイゾー)

なんかよくわからない小娘にプロデュースされてもってたまに思う。

「2日で30万部増刷!」宝島社の独走に大手三社も追随! 激化する雑誌”付録”戦争
2010年8月7日付(日刊サイゾー)

付いてる本なんて読んだことないわ。

法律までもうまくすり抜けた宝島社「ひとり勝ち戦略」の功罪
2010年1月号(プレミアサイゾー)

デザインまで宝島社がやってるって、それはただの”名義貸し”じゃないの?

一発当たれば類書が百花繚乱 売れ筋ダイエット本の傾向と歴史
2009年7月号(プレミアサイゾー)

最近は”巻くだけダイエット”の本がいっぱい!

辛酸なめ子のサバイバル女道 第11回
究極の幸せ思考で神になる
2010年7月号(プレミアサイゾー)

「引き寄せの法則」、要は”ポジティブシンキング”ってこと!

「ZOZOTOWN」前澤社長に聞く「仕事は楽しんだ者勝ち!」
2010年3月号(プレミアサイゾー)

これが「引き寄せの法則」の成果かしら……。

オカルトか? 奇跡の医療か? ホメオパシー事件と代替医療の正当性
2010年11月号(プレミアサイゾー)

プラシーボ効果ってすっごーい。

[勝手に会社案内] 日本アムウェイ
1999年6月号(プレミアサイゾー)

ホームケア商品などを主に取り扱ってるらしいけど、使ってる人は見たことない。

プレミアサイゾー
http://www.premiumcyzo.com/

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク