趣味から仕事につながる、奥深きアロマの世界

aroma01.jpg
アロマの魅力をすべて知ってますか?

 自宅でできる手軽なリラックス法として、近年すっかり定着したアロマセラピー。一日の終わりに、好きな香りに包まれてベッドに就いて、ストレスをリセットしている人も多いんだとか。その時の気分や目的によって、好みの香りを選べることから、いくつもの精油をついつい試したくなってしまいますよね。最近では、アロマの効能に注目した精油配合のスキンケアアイテムも登場し人気となっています。ひとくちにアロマと言っても、香りがもたらす癒やし効果のほかに、身体機能への効果があるということをご存じですか?

 そもそも、アロマセラピーとは、アロマ=芳香、セラピー=療法という意味で、花や草などの植物から抽出される天然の芳香成分である精油(エッセンシャルオイル)を用いて、心身のバランスを整え、自然治癒力や抵抗力を高める療法のこと。アロマポットやアロマライトを使い、精油を揮発させ香りを楽しむ「芳香浴」が手軽で多くの方に楽しまれていますが、その他にも湿布やスキンクリームとしてなど、療法として活用されている側面もあるんです。そんなアロマセラピーの効能は、医療分野からも期待されていて、実際に治療のひとつとして投薬と共に活用している病院もあるそう。リラックス効果だけでなく、療法の側面からも注目されているんですね。

 生活を豊かにするリラクゼーションのひとつとして、また医療分野からの注目度の高さから、アロマセラピーを学んでみたい、という女性も近年増えています。趣味としてのアロマを極めたいという方や、仕事としても活かせる技能としてのアロマ、目的はそれぞれでも、アロマの奥深さを体感しながら本格的な技術と理論が学べるスクールへの関心度は高いよう。また、多くの資格取得者が全国のサロンや医療関係、福祉施設等の分野で活躍するなど、仕事への貢献度も大きいのも魅力的ですね。

 なかでも日本アロマコーディネータースクール(JAS)は、日本アロマコーディネーター協会(JAA)指定校として、各種ライセンスにも対応。学習の秋、美容にも役立つアロマセラピー講座を始めてみるのも素敵ですね。現在、講座資料の請求者の中から毎週555名様に、エッセンシャルオイルのセットやアロマ関連書籍が当たります。このキャンペーンも締め切り間近。アロマに関心はあるけど、やったことがない……なんて方も、気軽にキャンペーンに参加してみませんか?

日本アロマコーディネーター協会

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
アイメイク信者に危険信号! 目のトラブルで救急患者も発生中
ブーツを脱いだらクサっ!! 足のニオイ消し法を教えて
今秋の旬メイクだけど……娼婦にならない「赤リップ」の塗り方を教えて!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  4. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  9. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  16. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  17. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  18. 他人の記事をパクるのはこんな人
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!