今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

水嶋ヒロの栄光ストーリーに便乗して名を馳せたアノ存在


ポプラ社さんと一蓮托生!

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎ネヴァー・エンディング・ヒロ・ストーリー
 スイス帰りの帰国子女。慶応ボーイ。英語堪能。ドイツ語もイケる。スポーツ万能。サッカーで全国大会ベスト4。ファッションモデル。身長180、体重65。俳優。仮面ライダー。オリコン最も美しい男ランキング一位。愛妻家。小説家。2,000万円辞退。いやー、思いつくまま経歴を箇条書きにしてみただけなんだが。すごいねこりゃ。『うわさの姫子』か。しかしお陰で「ポプラ社小説大賞」なんてモンがあるのを初めて知ったな。選考委員は編集者のみ(プロの小説家入らず)、作品発売日未定、あらすじも緘口令って、まさか「これから書く」ってオチじゃねぇだろうな。いや、一番のオチは「ポプラ社小説大賞、今年で終了」か。「来年から『ポプラ社小説新人賞』に移行。賞金200万円」てのもな。オチがきいてる。

◎病み始めた往年の名番組
 ナイナイ岡村の不在が苦しいのは分かる。しかし、あくまでそこを大人から目をしかめられるような「悪ふざけ」で乗り切るのが「めちゃイケ」魂だろうに。あんなあらびき団みたいなオーディションで何カ月も引っ張ったりして。オーディションするなら「お笑いウルトラクイズ」的なのやらないとダメだろう。挙句の果てに、ちょっとイイ話盛り込んだり、知らんイケメンやブサイクメンバーを入れて、フィーチャーを当て込んだり。これじゃまるでヘキサゴン。これ見た岡村は間違いなく病状悪化したと思う。復帰が遅れたらこの番組のせいだからな。

◎村上のやんちゃ担当
 「村上龍、電子書籍制作・販売の会社設立へ」。このニュースを見た出版関係者全員が一瞬、「うわッ、ヤバ!」と思ったに違いない。そして次の瞬間「何だ龍のほうか。春樹じゃなくて良かった」と胸を撫で下ろし、最後は「龍のクセに驚かすなよな」と悪態をついたに違いない。少なくとも私の周囲の編集者は全員そうだった。私もそうだ。編集者に限らず、日本国民全体がそうかもしれない。ただ一人、龍を除いては。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
手前味噌の発動装置として働く『国際ドラマフェスティバル』
『5時に夢中!』が見せた、日本のテレビ局のあるべき姿
自主規制の波をかい潜る、”イイ話”という免罪符を手にしたテレビ業界



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

水嶋ヒロの栄光ストーリーに便乗して名を馳せたアノ存在のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 今井舞週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!