[ジャニーズ最新言行録]

「犬のフンを片手に……」松岡昌宏と上島竜兵が語る『怪物くん』裏話

mabo-5.jpg
アイドルとしての夢は崩れちゃったよ~

 気さくで面倒見もよく、頼られたら断れない兄貴肌。そんな性分に惹かれる人も多いのか、交友関係の広さではジャニーズでも1、2を争うTOKIO・松岡昌宏。そんな彼と「松にぃ」「竜ちゃん」と呼び合う仲だというダチョウ倶楽部の上島竜兵が、松岡がMCを務めるラジオ『TOKIO NIGHT CLUB』にゲストで登場した。

 そもそもの出会いは松岡が17、8歳の頃に出演したバラエティー番組『なるほど・ザ・ワールド』(フジテレビ系)。意外にも歴史は古く、バラエティーで共演することはあっても、ドラマで一緒になったのは今年4月の『怪物くん』(日本テレビ)が初めて。怪物くんのお供であるオオカミ男を上島が演じたのに対し、松岡は悪魔族・デモキン役として敵対する役柄ではあったものの、撮影中は誰も自分の楽屋に帰りたがらないほど和気あいあいとした現場だったそう。

 さらに今回、他のドラマと違ったのは子どもへの影響力。特殊メイクを施した松岡はかなりの迫力だったため、スタジオに遊びに来たスタッフの子どもに泣かれていたとか。さらにはこんな災難も……。

「俺、犬を散歩させてて、幼稚園児に思いっきりグーで太もも殴られたからね」
「怪物くんをいじめるなー! って言われて。(メイクも)してないのに」
「しかも、パッと見たら目に涙をためてるんだよね」

 そんなかわいい「怪物くん」ファンの襲撃を受けた松岡、あまりにも一生懸命な姿を見て「これは夢を壊しちゃいけない」と判断した結果、

「犬のフンを片手に持って犬を抱っこしてさ、『ハッハッハ! バカ者めー!』って言いながらいなくなったんだけど(笑)」

 と、あくまでもデモキンになりきったまま、その場を去ったという。そんなサービス精神の塊のような行動には、上島も「夢、壊してはないけどつらいとこだね」とちょっぴり同情した様子。それでもそれだけドラマが浸透していたということに加え、役柄に徹していたという証明にもなるのだから、むしろ自慢してもいいのかもしれない。

  現在、ドラマ『新美味しんぼPART4』(フジテレビ系)への出演を控えている松岡。こちらのドラマでは、いい形での役得が欲しいところだが……。

『怪物くん DVD-BOX』

マボの交友録、マジひろくない?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
松岡昌宏、東山紀之との韓国ふたり旅で「ジムへ行くぞ! 走らなきゃダメだ!」
松岡昌宏、横山裕を見て「サングラスを後ろにかけていた時代」を後悔
「こんなのイヤだよ!」TOKIO松岡昌宏のこだわりで『24時間テレビ』が混乱

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!