[女性誌速攻レビュー]「an・an」11月3日号

「an・an」に何が!? 暗い気持ちの結婚特集&美容整形ネタで暴走

anan1103.jpg
「an・an」(マガジンハウス)11月3日号

 今号の「an・an」は、内容ギッシリ。特集「結婚できる女できない女」に続き「セカンド女という危機」、「美容整形の不安、全部解決します!」、さらに、広末涼子が結婚したことで、かませ犬だったことが判明した永井大の「結婚」インタビューと、表紙の佐藤健じゃ抑えきれないほど、女の煩悩……というか何かが溢れ出ています。トピックはこちら。

<トピックス>
◎誰と、どんなタイミングで…!? あなたの結婚未来像を教えます!
◎誰もがハマるおそれあり!「セカンド女」という危機
◎佐藤健 Marry for Love

■アラサ―の4人に1人は結婚できないという運命

「相手の年収が気になるのは当然ですが、今の男子は本当にお金がないんです。まずはその現状をレポートします」と、出だしから暗いトーンで始まった「結婚できる女、できない女」特集。まずは、現代の結婚事情を知りましょうと、経済編、時代背景、婚活事情をデータを元に分析しています。が、これもハナっから「今の未婚男子はこんなに収入が厳しいんです……」と恐縮気味。まずはそのデータからご覧ください。

・25~29歳の平均年収:277万円
・30~34歳の平均年収:345万円
・35~39歳の平均年収:348万円
 
 「an・an」によると、「年収600万円でいい」と言う女性が増えてきているけど、実は年収600万円以上の未婚男子は5.7%しか存在しないそうです。そんな状況の中で「年収1,000万円以上の人と結婚したい!」と言う女子は、「将来はミュージシャンになってビッグになってやる!」と語る男子と同じだ、と両断。いつになく「an・an」が夢見るお花畑女子に厳しい姿勢。収入なんて、「二人で一緒に世帯収入600万円」を目指せと言ってきます。さらに、これまで婚活、婚活と同誌で散々言っていたのに、婚活=メイクやファッション磨くのは実は遠回りだの、婚活はもはや合コンだの、極め付けは「今のアラサ―女性は生まれた時点で4人に1人は結婚できないという運命!?」と言い放っています。これまで「an・an」で語られてきた素敵な結婚ストーリーは幻想だったのでしょうか……。

 しかし、ここに救いの言葉が! 「日本人女性は世界で人気No.1!」「国際結婚を狙って」「香港の高収入男性と結婚」! ま、これも昔から言わてることですけどね。「ただし英語が話せる女性に限る」という条件をご丁寧にも付けて頂きましても、話せませんから。この特集、ひたすらデータばかりを見せられ「あんたの市場価値はいまこんくらいで、市場もこんだけきついんですわ。だから無理っすね……」と言われたよう。「an・an」シビアっすわー!

■整形賛美のウラにあるもの

 続いて美容整形特集を見てみます。「美容整形の不安、全部解決します!!」と言うとおり、10ページものボリュームでQ&Aを展開。「1万円でできる美容整形ってあるの?」「変えた顔の形を気に入らなかったら、元に戻せるの?」「とにかく目ヂカラが欲しい」などなどの質問に、3つの美容外科の先生方が回答。もちろん、この特集の終わりには回答者の先生方が在籍する医院の出稿が入っております。お約束ですね。それにしても、これまで、化粧や美について積極的な姿勢を取ってこなかった「an・an」が、こんなに大胆に美容整形特集を組んだことに、恐ろしさを感じます。コスメ雑誌であれば、美への過剰な探究心の結果としての美容整形と片付けられるのですが……。以前にも豊胸手術を解禁した「an・an」ですが、顔の整形というポピュラーゾーンも解禁でしょうか? 何だかんだ言っても、「an・an」は女性誌の中でも名門で影響力のある媒体です。美容整形OKな姿勢を打ち出してしまった今、これからその裾野は多くの媒体に広がっていくことでしょう。そこ飛び越えちゃあいけないよ、ってところ、越えちゃいましたね。

 とは言え、「嫁トレ」「子宮力UP」なんて言っちゃってるのは相変わらずの「an・an」で、いつもならツッコむところでホンワカしちゃいました。セカンド女子も、単なるセフレでした。そうそう、永井大はとりあえずいつでも結婚願望はあるんですって。あれ? そういえばドラマ『FACE MAKER』(読売テレビ・日本テレビ系)で整形外科医を演じてる! そういう伏線……? いろんな疑惑を残した今号の「an・an」でした。
(二宮まい)

『anan特別編集 漢方BOOK「ココロとカラダに効く漢方」 (マガジンハウスムック)』

こんなの出てました!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
ダメ男好きはミルフィーユとタケノコを食するよう「an・an」が提唱!
亀梨和也がキムタク化? 「ぶりっ子は大事」と「an・an」で説く
「”社会的な死”の経験者、転校男子は買いです!」「an・an」が転校生に忍び寄る!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!