[連載]ハリウッド版「あの人は今!?」

『幽幻道士』のテンテンは日本語でファンと交流し、スイカ頭は超イケメンに!

ShadowLiu.jpg
公式ブログ「☆Shadow Liuの天衣
無縫☆」
より

――夢中になった映画やドラマに出演していた、あの人。パタっと見なくなったけど、やっぱり気になる~!! そんなアナタのために、サイゾーウーマンの海外特派員・JULIEが、噂のあの人の仕事からプライベートまで、現地で情報をかき集めてきました!

■今回のターゲット
シャドウ・リュウ(『幽幻道士(キョンシーズ)』のテンテン役など)

 近世中国を舞台に、美少女道士が法術を使って中華版ゾンビ「キョンシー」を次々と倒すホラー・コメディー『幽幻道士(キョンシーズ)』。同作で美少女道士のテンテンを演じていたのがシャドウ・リュウです。凛とした美しい顔に神秘的な雰囲気を持つシャドウに、老若男女全ての人が虜に。制作された台湾だけでなく、日本でも空前の「キョンシー&テンテン」ブームを巻き起こしました。

 実は制作開始当初、テンテンは別の子役がキャスティングされていました。しかし、男の子たちの配役がなかなか決まらず、「誰かいい子はいないか」と相談を受けた中堅俳優リュウ・シャンチェンが「うちの息子は?」と提案。オーディションには娘のシャドウも付いて行き、彼女の美貌と存在感にほれ込んだプロデューサーが、オーディションそっちのけで「テンテンは彼女しかいない!」と即キャスティング変更を決意したのでした。ちなみに、オーディションを受けたシャドウの兄リュウ・ツーハンもスイカ頭役にキャスティングされ、『幽幻道士』は兄妹共演作となっています。

 シャドウは、7歳の頃から父親の計らいで子役として活動をしていましたが、「リュウ・シャンチェンの娘だから、とみんなから特別扱いされるのが嫌だった」そう。『幽幻道士』シリーズが、日本で爆発的にヒットしたのを機に、シャドウは日本に活動の場を移すことを決心。1989年に来日し、板橋区の中学校に通いながら、父親の影響がない日本の芸能界で伸び伸びと仕事をこなしていきました。

 1993年には、アイドルグループ「黒BUTAオールスターズ」3期生として活躍。『愛ラブSMAP! 電撃キッズ隊』(テレビ東京系)などにレギュラー出演し、元気でキュートな笑顔を振りまき多くのファンを魅了しました。

 すべてが順風のように見えたシャドウでしたが、来日後間もなくして父親が事業に失敗。妹を心配して一緒に来日していた兄リュウが、スーパーや工事現場でバイトをし家計を支えるようになりました。リュウは寝る間も惜しんで働き、妹がひもじい思いをしないよう大奮闘したそうです。しかし、物価の高い日本、外国人に対する差別などもあり、2人は94年に台湾に帰国。兄妹にとって、決して楽しい思い出ばかりでなかった日本の生活でしたが、2人は「日本は大好き」「日本は故郷」と言い、当時お世話になった日本人とは今でも交流を続けていると語っています。

 シャドウは高校3年のときにバイク事故に遭い、脳内出血で一時生死を彷徨いますが、見事完治。その後、日本や台湾のバラエティー番組にゲスト出演し、元気な姿を見せていました。しかし、基本的に女優業はお休みの状態とのこと。本人は公式ブログで「今は休業中。しばらく普通の生活をします」と綴っています。

 今、シャドウは兄リュウと故郷・桃園に立ち上げた「DOTEL」というラブラドール専門犬舎兼、ドッグホテル&訓練施設で働いています。今年1月に台湾で映画『HACHI 約束の犬』のプレミア上映が行われた際には、「DOTEL」の看板犬YAWARAと一緒に出席していました。

 一時は100キロを超える巨体であった兄のリュウですが、台湾に戻ってからダイエットに見事成功。イケメン・トレンディー俳優として、今や台湾芸能界に欠かせない存在となっています。 ちなみに、人気台湾ドラマ『流星花園』の道月寺役は最初リュウにオファーもされていたのです! スケジュールが合えばF4として大活躍していたはずなのですが、本人は「(道月寺役の)オファーを断ったことは後悔してないよ」とニコニコ。事業家としても活動しているので、今のペースがちょうどよいと考えているそうです。

 ちなみに、シャドウとリュウには母親が違う弟がおり、ヨーク・スンという芸名で俳優活動をしています(『天使のラブクーポン』ジャホイ役)。

 05年に『幽幻道士』20周年を記念して『テンテン美少女メモリアル~キョンシー完全攻略』(英知出版)というムック本が出版されるなど、今なお根強いファンを持つシャドウ。公式ブログを日本語で綴り、ファンからのコメントにも丁寧に答えている彼女は、今年31歳ですが昔と変わらぬ美貌を保っています。最近ショート・ヘアーへとイメチェンしたシャドウが、女優としてカムバックし再ブレイクする日も、そう遠くはないかもしれません。

JULIE
海外生活20年以上の、海外芸能ジャーナリスト。 ゴシップサイトやタブロイド紙を毎日巡回中。ルーペ・ヴェレスからレディー・ガガまでイケる雑食系。世界各地から情報を取り寄せ、粘着質的にリサーチするのが大好物。

『幽幻道士 DVD-BOX 』

愛犬が「YAWARA」というセンスが……

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます】
ラスト・エンペラー』よりも孤独な人生を送る、ジョン・ローンの現在
『ダーマ』を卒業後、宗教と女優業を両立したジェナ・エルフマン
リメーク待望論も! 動き始めた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドク

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  17. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー