芸能レポーター・石川敏男の芸能百鬼夜行

「接点を持とうとするほうが危険」押尾学、保釈計画の裏で動く背後の影

manabu.jpg
矢田亜希子の順調な復帰も気になります

 芸能人の初めて裁判員制度による裁判だった押尾学の公判。保護責任者遺棄罪などで、懲役2年6カ月の有罪判決を受けた押尾学被告(32)の9回目の保釈申請が東京地裁で却下された。

 東京・六本木のマンションの一室で銀座のホステスだった田中香織さん(当時30)と一緒に合成麻薬MDMAを服用し、田中さんが亡くなった事件。一貫して「遺棄致死」と「合成麻薬MDMA譲渡」の2つの罪について無罪を主張していた押尾被告側は、「事実認定に納得できない」と判決当日に控訴した。押尾被告が田中さんを確実に救命できたかどうかが最大の争点で、求刑6年を求めていた地検だったが「遺棄致死罪」成立に必要な放置と死亡との因果関係について、これ以上新証拠を示し立証するのは困難と判断して控訴を断念したようだ。控訴期限は10月1日。

 これで、押尾被告の罪が、懲役2年6カ月以上になる可能性はなくなった。昨年の麻薬取締法違反の判決1年6カ月を足しても、懲役は4年。逮捕されて判決が確定するまで刑事施設に勾留されている期間の未決拘留分を引いて、真面目に勤め上げれば2年ぐらいで出所できる。それを控訴して、保釈申請。

この続きは、サイゾーウーマンファミリークラブで!
※無料会員登録がまだの方はこちらから

石川敏男(いしかわ・としお)
昭和21年11月10日生まれ。東京都出身。『ザ・ワイド』(日本テレビ系)の芸能デスク兼芸能リポーターとして活躍、現在は読売テレビ『す・またん』に出演中。 松竹宣伝部、『女性セブン』(小学館)『週刊女性』(主婦と生活社)の芸能記者から芸能レポーターへと転身。公式サイト

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
押尾学と酒井法子、それぞれの背後にある暗くて深い交友関係
なぜギャル雑誌で? 押尾学の獄中ノート公開のウラ側
押尾事件から見えた、芸能マネージャーの”本当の仕事”

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク