[ジャニーズ・メディアの裏側]

ようやく決まったのに……赤西仁の全米ツアーを巡る不可解な動き

akanishijin14.jpg
仁ももはややる気なし?

 「あの話も幻に終わるのでは……?」と多方面から心配されつつも、ようやく発表となった赤西仁の全米ツアー『YELLOW GOLD TOUR 3010』。”1000年後のクラブ”をイメージした最先端のライブとなる予定で、11月7日のシカゴを皮切りに、10日サンフランシスコ、13日ヒューストン、16日ロサンゼルス、21日ニューヨークと5カ所を巡る。当初は「9~10月開催で全米7カ所」と発表されていたが、若干ながら規模を縮小して開催に至ったようだ。

 これと同時に、10月3日、4日、Zepp Tokyoにて、日本のファンに向けたイベント『赤西仁全米ツアーファンクラブ壮行会! We’ll be together with you!』計4公演の開催も決定。こちらは現在ジャニーズのコンサート事務局公式サイト「Jticket」にて申込み受付中だ。

「今回のアメリカツアーは『ANA』『ZOJIRUSHI』という大手企業がスポンサーについたことでようやく実現に至った形。ジャニーズ事務所はこの件に関して金を出したり、PR活動を行う気持ちはさらさらないようですね。壮行会の件は大々的にアピールしているのに、事務所公式サイトの赤西のページにもアメリカツアーに関するチケットの扱いはおろか、日程さえアップされていない状態です。なんだかおかしな話ですよね……」(ジャニーズに詳しい記者)

 アメリカツアーの会場を見てみると、それぞれ収容人数は約1,500席~4,300席で、一日1公演だとすれば、フルで客席が埋まったとしても動員数1万2,000人程度。対して、日本で行われる壮行会には2日間で約1万人が動員される計算となり、ほぼ同数といえる。

「いずれにせよ規模の小ささは否めませんが、とりあえず言ってしまった以上、形だけでも全米ツアーは行って、そのうえで少しでも日本で集金できれば……というのが事務所の考え方なのかもしれませんね。アメリカでの活動についてノータッチの姿勢を取っておけば、失敗した際にも『関係ないよ』という顔ができるわけですから……」(同)

 現在、CDシングルの発売も予定されており、ファーストアルバムのために楽曲を制作中だという赤西。CDの発売元なども含め、今後彼がどのような扱いを受けるのかが気になるところ。まだまだ目が離せなさそうだ。

『KAT‐TUNお宝フォトBOOK‐BOMB!‐』

脱退そのものが幻だったんだよ

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
熱烈オファーはウソ!? 関係者が語る、赤西仁の海外公演のウラ側
“赤西仁”の名前がKAT-TUNからついに消去! 個人アーティストとして本格始動か?
これも仕事のうち!? 赤西仁が世界的映画監督と2ショット写真を撮られる

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク