ウエスト7cmのサバ読みが発覚!

「年齢も訂正したので、スリーサイズも」往年の”ウザい岡本夏生”が復活

okamotonatuski02.jpg
「おっぱい美魔女」こと原志保さんと予備隊に囲まれる岡本夏生

 9月8日、表参道のスパイラルホールで『ワコール「ラブ、エイジング。」キャンペーン キックオフイベント』が行われました。ワコール人間科学研究所が45年間でのべ4万人を超える女性の体型とその変化を計測した結果から、美しい体型を維持させるための提案を行っていくというこのイベント。

 まず、加齢とともに変化するバストの法則(そげる、たわむ、外に流れる、という順に変化するのだそう)や、自分に合ったブラをつけることの重要性が説明されます。「バストの変化は20代からすでに始まっており、加齢によって変化したステップが元に戻った人はひとりもいなかった」という衝撃のフレーズも……。

 続いてのトークセッションで、「美STORY」(光文社)の山本由樹編集長の後に登場したのが岡本夏生。「この方も美魔女世代です!」と紹介され、「こにゃにゃちは~! おひさしブリーフ!」という死語過ぎる挨拶を繰り出すウザさは、懐かし過ぎて感涙の域。「美しいバストを保つためにはこまめな採寸が欠かせない」という説明に対して、「もう10年以上サイズを測ってない。測り直したらプロフィール書き直さなきゃいけなくなっちゃう」と、のっけからぶっちゃけトークが飛び出しました。

 さらに、「あと4日で45歳だからアラフォーどころかアラフィフ?」「42歳ころから胸が崩壊して」「顔と胸が離れていく。この距離がこわい」「稼ぎがないから10年前のブラジャーをずっとつけてますよ」などハイテンションで繰り出される自嘲の数々。さっきまで、20~60代までの一般女性の全裸がスライドで映し出されたりして(加齢による体型の変化を説明するため)、一種独特なムードとなっていた場内が一変しました。

 アラフォーになっても美しいおっぱいを保つ「おっぱい美魔女」と、その予備隊が登場する段となり、夏生姐さんはさらにヒートアップ。「現役最年長グラビアアイドルの私でさえ崩壊してるのに、おっぱい美魔女なんてありえな~い!」。確かに、ほしのあきより年上ですね。

 その後、おっぱい美魔女に促され、自分に合ったブラをつけるためにフィッティングに向かう夏生姐さん。フィッティングルームに向かう際の一言も「年齢詐称疑惑も訂正したので、スリーサイズも訂正します。ウエスト59、あれウソですよ。63です」とのこと。

okamotonatuski03.jpg
姐さん、今ボディコンの時代じゃないから、
死に物狂いでウエスト細くしなくても大丈夫

 フィッティングを終え、ふっくらと寄せて上げられた胸元を強調するドレス姿で現れると、「おへそまできたおっぱいを瞬時に変えてくれた」「2段3段になっていた背中の肉がすっきりした」と、「最年長グラビアアイドル」の悲哀を感じされてくれます。とはいえ、「私自身の(芸風の)進化は止まってるけど、ワコールさんの進化は止まらない」と、スポンサーへの気遣いを忘れないのは、小娘グラドルにはない熟年の技です。

 これで終わりかと思えば、イベント後の囲み取材でも岡本節がさく裂。「潜伏期間15年、奇跡的に地獄から蘇ってまいりました」「ミサイル(乳頭)の位置がセンターに安定したところで、芸能界でもセンターに戻っていければ」。極めつきに、「87、59、87って言ってましたが、82、68、84です」とスリーサイズを訂正。「ウエスト、さっき63て言いましたけど、68なんですよ」とのことです。姐さん、久々のイベント出席だからって、皆まで言わなくても大丈夫よ!

 終了後、報道陣からは「すごい」「面白かった」「出しきってたね……」などの声が漏れていました。正直、イベント前は「平成22年という時代に受け入れられるかしら?」と心配していましたが、一周回ってそのキャラクターは新しく受け止められたようです。ここまで自分を下げて商品を上げてくれるアラフォー(アラフィフ?)もなかなかいないですよね。ワコールさん、計算だったら天晴れです。
(小川たまか/プレスラボ)

『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション』

この作品こそ、出るべきだったのに!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
復活岡本夏生、ハイレグ姿で頑張り過ぎちゃって……
“ショーケン新恋人”のヌードも! 「美STORY」創刊1周年号は赤裸々祭り
安藤優子がかつて抱いていた若さへの嫉妬を「婦人公論」で赤裸々告白

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー