梨元さんに遺作があった!

梨元さんの遺作映画化! のはずが、酒井法子の前事務所が抗議の声

sakainoriko01.jpg
でも、どのみち誰かが映画にする
と思うよ

 8月21日に肺がんで亡くなった、芸能リポーターの梨元勝さん。追及し続けていた、酒井法子の一連の事件を基にした映画『刹那』が完成した。昨年の8月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、執行猶予付きの判決を受けた酒井法子の一連この事件を、梨元さんは著書『酒井法子 隠された素顔』として出版。この映画化となる『刹那』には、梨元さん自身も出演し、あの突撃リポート姿も収録されているとのことだ。27日に開かれた試写会では、笠原正夫監督が「やっとここまで来たよ」などと完成までの苦労を漏らしていた。

 ところが、この映画『刹那』に対し、酒井法子が所属していたサンミュージックが上映中止の抗議をすることが明らかになった。

「映画化にあたり、『肖像権と映像権の権利はサンミュージックと酒井個人にある、映画化は認めない』とサンミュージックは反対したんですが、梨元さんは『幹部の承諾を得た』と周囲に発言し、それにサンミュージックが激怒したようです」(マスコミ関係者)

 なにやら穏やかでない話だが、この問題についてサンミュージックの関係者はこう話す。

「梨元さんは、生前に映画にはしないと言っていたんですよ。それなのに、映画がほぼ完成して、関係者向けの試写会が開かれたと聞き驚いてます。上映を中止するように抗議しますよ」

 この作品の試写会は極秘のもとで進められていたが、その理由もサンミュージックと確執を恐れてのことだったのだろう。

「その後、笠原監督からサンミュージックに上映についてお願いがあったようですが、事務所側は無視してましたからね。酒井も上映を認める気はありません。梨元さんが亡くなったと言っても、その気持ちは変わりません。酒井や事務所関係者の写真や映像を映画中に使用しているなら、抗議です。ことと次第によっては上映中止を求めて法的手段をとるかもしれません」(事務所関係者)

 梨元さんの著書『酒井法子 隠された素顔』の出版までのいきさつを知る出版関係者は「梨元さんの名誉のためにも映画は上映しないほうがいいですよ」と言う。難しい課題を残して旅立ってしまった梨元さん、草葉の陰で「恐縮です」と言っているかもしれない。

『酒井法子隠された素顔 [単行本]』

上映されたら見る?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
離婚が成立したのりピー、芸能界復帰へ向けて着々と準備中!?
足掛かりは”上海万博”!! のりぴーがいよいよ復帰か!?
酒井法子にまつわる、一番恐ろしい問題は……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!