8,000万円の根拠も不明!?

「ダンナが借金返せっての」モナと事務所の金銭問題に、たけしが言及!

yamamotomona02.jpg
事務所だけはこの笑顔にだまされ
なかったようです

 不動産投資会社社長との入籍を機に”芸能界引退”をほのめかした山本モナ。結婚発表後に参加したトークショーや試写会では、結婚にまつわる質問が飛び交う中で常に笑顔を振りまいていたが、実はその笑顔の陰で、所属事務所「オフィス北野」と金銭問題でもめている。

 「オフィス北野」の言い分では、度重なる不倫トラブルで、決まっていた仕事やCMなど、およそ8,000万円近い損害を被ったという。その借金を返さぬうちに一方的に「引退」と発表されては、百害あって一利なしというわけだ。

 ビートたけしは「東京スポーツ」で、事務所社長の森昌行氏がモナに「冗談じゃねぇ!」と激怒していたと明かした上で、「事務所の株主としてオレも怒るよ(笑)」と語った。

 たしかに業界の暗黙のルールとして、借金を返済して辞めるのが筋だろう。だが、モナにそのルールが通用しないのも事実。モナに近い関係者は「結婚後、家庭に入るというのは本人たっての希望。最初から決めていたからこそ、ブログや会見ではっきりコメントした。もちろん事務所には多大なる恩義があるため、聞く耳は持たないといけない。ただ、一部で報じられている8,000万円という数字に難色を示しているそうです」と語る。

 たしかに8,000万円という金額は概算である可能性が高く、その内訳は不透明。この8,000万円という巨額の数字はどこから来たのか……。モナ側が疑念を抱くのも不思議ではない。

 さらに、たけしは東京スポーツで「それか相手のダンナがウチの事務所への借金を払ってくれるなら、いいけどな。ダンナならダンナらしく、モナちゃんの借金返せっての」とコメント。

 たけしのイメージ的にギャグで通用する部分もあるが、当事者であるモナの夫はこれに不快感を強めているという。前出の関係者は「一歩間違えれば、その筋の恫喝と一緒でしょ(笑)。モナの夫も8,000万円もの大金をすぐに用意することは不可能。頭を悩ませていますよ」と明かす。

 器が大きいことで知られるたけしだけに、最後は泣く泣く許してしまいそうな気もするが……。

『社長!大丈夫!その借金は何とかなる! 』

森社長に捧ぐ一言。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
勝ち組男に口説かれまくる「山本モナ」が超「恋愛オンチ」な訳
ほぼパーフェクトな今月号の「GINGER」、唯一の問題は山本モナ!?
たけしも手を引く!? 早乙女太一が移籍トラブルで役者生命の危機

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク