[連載]鹿砦社・松岡社長の「暴露の花園♪」第4回

暴露本にとうとう言及!? 滝沢秀明が、鹿砦社へ愛あるメッセージを……

matuokasan04.jpg
松岡社長もタッキーからのメッセージに
思わず笑顔?

――『ジャニーズおっかけマップ』『タカラヅカおっかけマップ』や、”松田聖子の愛人ジェフ”による『壊れた愛』など、芸能人の研究本・暴露本など問題作を次々と刊行してきた、鹿砦社・松岡利康社長。”言論の自由”を守るために闘ってきた、社長の壮絶出版人生に迫っちゃうぞ~!

【ジャニーズ事務所編】

 『SMAP大研究』に始まり、『ジャニーズ・おっかけマップ』シリーズ、『ジャニーズ・ゴシップ・ワールド』、『教えて! 松本潤・二宮和也・相葉雅紀』など、鹿砦社は数々のジャニーズ暴露本を弾丸のごとく出版してきました。社長の松岡利康さんは、「愛だね、愛。我々はジャニーズに愛を告げ続けていたの♪」とご満悦。

 ジャニタレの中で、暴露本についての愛あるコメントをくれた唯一の存在は、タッキー、こと滝沢秀明くんだったそう。関係者の証言をもとに、彼の生い立ちを丹念の追ったのが1998年秋発売の『教えて! 滝沢秀明』。当時Jr.として不動の地位におり、バラ色の未来が約束されていたタッキーの少年期の写真がふんだんにちりばめられた同書は、ファンにはたまらない一冊に仕上がっています。

「タッキーは『duet』(集英社)でのインタビューで、『暴露本は絶対に買わないで! 嘘ばっかりの本より、ジャニーズJr.名鑑で秋の夜長を過ごす方が楽しいよ!』って言ってるのよ。”嘘ばっかりの本”っていうのは、もちろんウチが出した『教えて! 滝沢秀明』のこと。この頃、タッキーの暴露本はコレしかなかったしね。まあ、”嘘ばっかりの本”かどうかはタッキー本人が一番知ってると思うけど(笑)。うれしかったねぇ、タッキーが鹿砦社に対して愛のコメントをくれるなんて♪」

 ジャニタレ本人がこのようなコメントを残すということは、それだけ”鹿砦社ブランド”が確立された証拠。松岡さんが裁判でジャニーズに噛みつき続けた賜物です。おかげで、内部の人しか知らないようなコアな情報を提供してくれる人も増えたようで……。

「周りの人が、”鹿砦社といえば暴露本だから”と言って、スゴイ情報を持つ人を紹介してくれるようになったの。その中のひとりだったのが、元ジャニーズの平本淳也。ウチから出した本で有名なのは、『ジャニーズのすべて 少年愛の館』、『ジャニーズのすべて2 反乱の足跡』、『ジャニーズのすべて3 終わりなき宴』あたりかな。僕、平本のことは結構かわいがっててね。原稿料の前払いとして、月に300万円くらいあげてたんだよ。でも、元アイドルって独特だよね。ちょっと虚言癖があったりするもんな(笑)」

 一般的に暴露本というと、相手に対する怨恨が原動力になることが多いようです。しかし、平本氏の場合は、ジャニーズ事務所に対しての恨みというより、経済的な問題で暴露本を書き始めたのだとか。

「昔は、ジャニーズ事務所を辞めたら、芸能活動もできなかったからね。でも、今は辞めてもひっそりとさえしていれば、よそで芸能活動を再開できる。だから、暴露本を作ってお金を稼ごう、っていう元ジャニタレが全然いないんだ。それに、暴露本を出して話題になるほどのビッグネームな元ジャニタレもいないしね……」

 それはつまり、ジャニーズ事務所の力が昔と比べて落ちてきているのかと問うと、

「その通り。鹿砦社ではジャニーズ本の他に、生写真なんかも売ってるけど、それも近頃じゃ全然売れない。売れるのは嵐ぐらいかな。KinKi Kidsなんかは、出始めの頃は写真がえらい売れたけど、今は剛も光一も顔に疲れが出てるもん(笑)。でも、売れなくてもジャニーズモノはやり続けるよ! ウチはジャニーズの総合商社だからね♪」

 勢力を落としてしまったジャニーズ帝国に対して松岡さんは、「悲しいよねぇ……」とポツリ。激しい戦を経て、すっかり他人とは思えないほどの情が移ってしまったようです。『SMAP大研究』の裁判以来、ジャニーズに対してゆがんだ(?)愛を注ぎ続けてきた松岡のオジさま。ジャニーさん、松岡さんのオイタが過ぎたこともあったかもしれないけれど、許してあげて、ネ?
(朝井麻由美)

matuokasan-gattai.jpg

松岡利康(まつおか・としやす)
1951年9月25日生まれ、熊本県出身。同志社大学文学部卒業後、貿易関係の仕事に従事。サラリーマン生活を経て、83年にエスエル出版会を設立、88年に一時期経営危機に陥っていた鹿砦社を友好的買収、同社社長に就任。05年にパチスロメーカー大手のアルゼ(現ユニバーサルエンターテインメント)を取り上げた『アルゼ王国はスキャンダルの総合商社』、球団スカウトの死に迫った『阪神タイガースの闇』などの出版物について、名誉毀損で神戸地検に逮捕、起訴され、有罪判決を受ける。現在、鹿砦社の月刊誌「紙の爆弾」の定期購読を申し込むと、松岡社長をモチーフにした「松岡くん」の携帯ストラップ(画面拭き兼用)、パズル付き定規、トートバッグ、エコバッグの4点をプレゼントされます。詳細はこちら


『教えて!滝沢秀明 』

嘘かどうかはアナタの目で!

amazon_associate_logo.jpg

「ジャニーズのすべて―少年愛の館」

サブタイトルがいいですよね~

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
嫌がらせするファンと、徹底無視するマスコミ……ジャニーズを守る敵との日々
ジャニーズ事務所に押し掛けた……暴露本のドンVSジャニー喜多川の行方は?
確認のために渡した原稿を証拠に裁判を……ジャニーズとの闘いの歴史

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー