【ヤリマン肯定主義】第5回

ヤリマンが教えるセフレの作り方、必須条件は家の近さ!?

yariman05.jpg
商店街でカップルとして紛れることも可能

 彼氏を作る場合の絶対条件は、顔や性格や収入と基準は人それぞれかと思いますが、セフレを作る場合、「家が近いこと」というのが超・重要なポイントになります。

 なぜ「家が近いこと」が重要なのかと申しますと、セフレ同士では”前もっての約束”というのがないからです。通常のカップルでしたら「一週間後の土曜日、ドライブに行こう」というのはごくありきたりの約束ですが、セフレ関係において「一週間後の土曜日、エッチしよう」という約束が交わされることはほとんどありません。性欲というのは、オトコもオンナもいつ沸き上がるか分からないもの。それを事前に約束し、いざ当日、そういう気分にならなかったら相手に失礼ですものね。親しき仲にも礼儀あり、セフレ同士にも礼儀ありです。

 また、性欲問題とは別に、セフレは”お互いナンバーワンの存在ではない”という理由もあります。一週間前に約束しておいても、本命との約束が入ってしまった場合は、確実に後者のほうの予定を優先するのがセフレ関係というものです。

 ですので、前もっての約束よりも、お互いに性欲が沸いた時に、気軽に会える環境が大切なのです。深夜の23時に性欲が沸いた時、自分は千葉で相手は横浜……という距離間ですと、電車の時間を考えると、その日のうちのエッチはほぼ不可能。ですので、理想的な距離間は、万が一でも徒歩、もしくはタクシーのワンメーターで行き来できるくらいの距離がベストでしょう。余談ですが、私の地元の盛岡のように終電の時間も早くて、本数も少ないという地方にお住まいの皆さんは、自家用車が生活に密着しておりますので、駐車場さえ確保出来ればある程度の距離があってもセフレ関係は可能かもしれません。

 さて、ここらがいよいよ実践です。いざ、ご近所さんにセフレを作るにはどうしたらいいのか。私は「自宅近くの、チェーン店ではない飲み屋さん」に行くことをオススメします。チェーン店よりも地域密着型の飲み屋さんのほうが、ご近所さんと出会える確率は明らかに高いです。私も以前、近所に住む女友達と二人で、近所の居酒屋さんで飲んでいたところ、たまたま隣りのテーブルに座った殿方二人組が、私たち同様すぐ近くに住んでいて、そのうちの一人(コウスケ)とセフレ関係になったことがありました。

 そのセフレとは、まさに目と鼻の先というくらい近所に住んでいて、私と彼のアパートの間には、超高級マンションが建っていました。私たちはよく、どちらかの部屋でエッチをしながら「あのマンションすごいよね」という世間話をしていたのです。ある時、また別の女友達と近所の小さなダーツバーに遊びに行ったところ、なんとその高級マンションの住人という男性と知り合いになりました。高級マンションに初めて連れていってもらった時は大興奮でしたね。窓から見える、コウスケのアパートが見えた時は、思わず「コウスケー、私はここよー」と手を振りたいくらいの衝動に駆られました(笑)。

 こうして、近所の飲み屋さん作戦で、目と鼻の先にセフレが二名も出来た私ですが、近隣のセフレ関係というのは、実はエッチ前だけでなく、エッチ後にもメリットがあるんです。それは”エッチの後、一人で寝ることができる”という点。シングルサイズのお布団やベッドで二人で寝るのって、疲れが増すことも。セフレがご近所さんの場合は、終わったあとはさっさと帰って自分の家でゆっくりシャワーを浴びてぐっすり眠る、という自分の生活リズムが守れます。相手が自分の家に来た時も、同様にすぐお帰り頂くのがヤリマンスタイルです。

 もちろん、良いことばかりではありません。近くの商店街で、カノジョと買い物するセフレとばったり会ってしまい、多少気まずいこともありますが、それでも私と彼との関係はあくまでもセフレ同士。お互い、他人のふりをするというマナーが守れる女性なら、きっとご近所さんにセフレを作る意義があるかと思いますよ。

~今月の格言~
近所の飲み屋でセフレをゲットし、鉄同様、性欲は熱いうちに”打つ”べし!

菊池美佳子(きくち・みかこ)
21歳で処女のままキャバ嬢デビューをするものの、試用期間内に本指名をとれず、東武東上線沿線のキャバクラを転々とする。その後、派遣OLを得て、現在は大人のおもちゃ屋さんのコピーライターとして、ヤリマンの名誉をかけて奮闘中。

「ご近所の悪いうわさ」

やり玉に上がらないように

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
コンビニ新商品を試すか……アナタのヤリマン度合いを測る「ヤリマン検定」
“働きヤリマン”に捧ぐ、平日エッチと週末エッチの正しき楽しみ方
エッチは男と付き合うための道具じゃない!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  6. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  17. 『カウコン』意外な舞台裏
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー