今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

中国製粉ミルク騒動、思わぬところで波紋が広がり……

aokiyuuko.jpg
「青木裕子の明るく楽しく(仮)」
/辰巳出版

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎製薬会社が成分解析中
 飲んだ赤ちゃんの胸が膨らんだという中国の粉ミルク騒動。「飲むだけでバストサイズアップ!」なんて銘打ちながら、ほとんど効果が実感できないようなインチキサプリが多い中、ここまで即効性があると、「闇の豊胸サプリ」なんつって裏ルートで出回りかねない気がする。現に、コスメライターの知人が冗談半分でネットで検索したところ、個人的にネットで売り出している人がいたらしい。そうまでしておっぱい膨らませたい人がいる一方で、今日も見事な貧乳っぷりがまぶしい青木裕子。だからとりあえず何か詰めろって。

◎間のひき逃げがスパイス
清水健太郎、6回目の逮捕。ここまで来ると、「しみけんとクスリ」って、対で一つというか様式美というか。何だかもう一幅の絵のようである。これからもやめらんないんだろうなぁ。何か最期、芸能人初の「獄中死」を遂げそうな気がする。ちょっと気が早いかもしれんが。

◎アトム、照れるなよ!
いろんな症状を訴える人たちに「それは胃酸が逆流してるのかもしれんな」とアニメのお茶の水博士が諭す製薬会社エーザイのCM。皆の話を聞いているうち、思わず自分の腹腔内部を開け、自分にもそんな症状がないか確認してしまうというアトムが出て来るのだが、「アトム、お前は大丈夫じゃろ」とお茶の水博士に笑われ、「そうでした」と照れるアトムを見るたびに、「ブレードランナー」を思い出して悲しみがこみ上げて来る。そんなシリアスな気分など入る余地のない、のどかなCMではあるのだが、のどかだからこそ、一旦見つけてしまった哀しみは深い。「お前は大丈夫じゃろ」なんてバカにした顔して言い放つお茶の水博士に「あんた親でしょ。そんな無神経なこと言うなよ」と腹を立てる始末。ちょっとおかしくなってるのかもしれん。今年はホント暑いですね。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【バックナンバー】
松本人志の後継者争いのなか、頭ひとつ抜け出ているのは……
プロモーション活動で必死なSMAPが、ありがたさより憐憫を喚起するワケ
嗚呼、細かいところでも視聴者の心を掴めない『報道ステーション』

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  10. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  11. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  15. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに